23.01.2017 13:45 - in: セリエA S

      #JuveLazio: 5つの話すべきポイント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ピッチ以外の素晴らしいユベントス・スタジアム・ショーから、ビアンコネリの全面的な攻撃のパフォーマンスまで:日曜日の勝利5つのポイント
      1. スタイリッシュに反撃すること

      ユベントスは、2試合連続不味いプレーを決してしてはいけません。レオナルド・ボヌッチの言葉です。日曜日のホームサポーターの楽しみはユベントスの背番号19の試合前のコメントが届き、攻撃のパフォーマンス、コントロールでかなりのクオリティを生じました。

      前の週のフィオレンティーナ戦でのチームの期待外れのプレーが書かれてきました、マッシミリアーノ・アッレグリ監督によると、昨日のラツィオ戦2-0の勝利がビアンコネリの今シーズン残りへの分岐点になると確信させ、必ずしも決定的ではないが、追いかけてくるチームに対し重要なメッセージとなった。

      試合後のコメントを要求され、ビアンコネリ・ファンの嬉しい事は、疑う余地なく監督のセリエAで300試合目となる指揮をとりチームに劇的に増加した強さを監督がもたらした事です。

      「選手の特別なクオリティが我々がこのフォーメーションで試合にアプローチするのを許しました。そのような時に前方へ正確な瞬間を起こすチャンスがあります。しかしおそらく我々は少し速くボールを移す必要がありました。例えどんなフォーメーションで動いても、チームはこのテンポを維持しなければなりません。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は自身の300試合目となるセリエAでの試合を日曜日に戦いました

      水曜日夜にコッパ・イタリア準々決勝でミランに対しリベンジをする見通しで、昨日昼のラツィオ戦でしたように、アッレグリ監督のチームは、2試合連続ライバルとの戦いへ更なるモチベーションづけを必要としてはいけません。

      2. 前線の4人

      チームの攻撃の選手全員の特別なクオリティを取り入れる事が今シーズン必ずしも全ての試合で生き残れるセレクションの自由というわけではありません。しかし、ゴンサロ・イグアインの後にフアン・クアドラード、マリオ・マンジュキッチ、パウロ・ディバラを一列に並べる際、監督はキックオフ40分前にユベントス・スタジアムで方向性を定めました。

      「何かを変える必要があり、トレーニングの後私は自分自身に問いました。選手の特別なクオリティがこのフォーメーションで戦うのを許しました。」

      M.アッレグリ

      特に前半、新しく採用された4-2-3-1システムは、マンジュキッチの攻撃性、右サイド下のクアドラードの推力、ディバラのヴィジョンそして、攻撃の本能でラツィオ・ディフェンスへ終わりのないトラブルを引き起こしたゴンサロ・イグアインで上手く採用されました

      この証明は、2つのゴールの起点にあります。正確なマンジュキッチのノックダウンからディバラの先制点は再び多くのホームでの戦いとして鍵となる組み合わせであった。2点目はクアドラードのニアポストのクロスからイグアインが素晴らしい動きでゴールをマークした。

      この様な大胆なフォーメーションが定期的に展開されているかまだわかりませんが、アッレグリ監督はチームへ思考法と戦術的な柔軟性に関する最新の根拠として両方から確実にモチベーションを上げることができます。

      3. アサとマリオ

      一見、クワドォ・アサモアとマリオ・マンジュキッチは左ウイングでありそうもない組み合わせでした。しかし両選手それぞれ馴染みの薄い役割ですが、素晴らしいパフォーマンス生み出したのは知性の証拠と一組のキャラクターがありました。

      10日前のコッパ・イタリア、アタランタ戦に続きアサモアの気取らないクオリティはさらなるプレーを残した。彼の攻撃のパートナーが注目を集めたがアサモアはレーダーの下で戦っていた。

      この日クワドォは、3タックル、8リカバリーでフィールドのユーヴェ選手以上の数字を残しました。

      マンジュキッチに関して、大きなクロアチア人は、おそらくここまでユベントスのキャリアで最高の期間の1つを楽しんでいます。

      🎶🎵 MARIO MANDZUKIC, MARIO MANDZUKICCCC 🎶🎵 @mariomandzukic_official #FinoAllaFine #ForzaJuve #InstaJuve #JuveLazio

      Juventus Football Clubさん(@juventus)が投稿した写真 -

      ソールドアウトしたホーム観客は、大きな男のり無数の瞬間のディフェンスの努力に注目しました。インサイド・フォワードは言うまでもなく、セントラル・ディフェンダーへ9タックル、5回の空中戦とリカバリーで十分な印象的な数字を残しました。

      ディバラのアシストは、90分を振り返ってもマリオが最低限必要でした。

      4. 27とカウント

      ユベントスは、ホームでは異なる動物となります。昨日の試合は、ユベントス・スタジアムで27連続リーグ戦ホーム勝利を果たした。

      アッレグリ監督の選手達はまだ遠征の必要があり、この先ナポリのスタディオ・サンパオロとローマのスタディオ・オリンピコで勝ち点を披露必要があり、2015年10月から完璧なリーグ戦記録をもつトリノで間違いのないことを確信することができます。

      このポイントにおいて、今シーズンここまで、ユベントス・スタジアムで得られる57点から勝ち点57点は、今シーズン、決して問題外でありません。  

      5. スタジアムの光景

      2017年7月1日に完全に展開されるように設定されているクラブの新しいロゴがミラノの科学技術博物館での月曜日の素晴らしいイベントで発表された後、ユベントス・スタジアムでは独自の強烈なショーを届ける完璧なステージとなった。

      キックオフの始まりは、3度オスカーを獲得した電子音楽の父であるジョルジョ・モロダーの試合前のDJセットは魅力をさらに加え、力強いフットボールを目撃しようとした観客完璧な形で迎え入れました。

      しかし、最高はまだ訪れません。チームをフィールドに迎え入れるシーンは本当の注目でした。クラブの未来のシンボルがセンターサークルで最高位を陣取る間、スタジアムは白と黒の側であふれていました。

      本当のブラック&ホワイト&モアです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK