16.02.2017 16:00 - in: セリエA S

    #JuvePalermo、鍵となる名前と数字

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    2017年のゴンサロ・イグアインの熱いスタートを続け、6連続スクデットを視野に、ユベントスは金曜日夜にパレルモと対戦します
    私達の歴史

    金曜日の夜パレルモとビアンコネリはユベントス・スタジアムで戦い、パレルモの降格を脅かし歴史的に非常に有利な戦いです。

    数チームだけがトリノへやってくる価値に言及でき、ポジティブな結果を持って去っていますが、実際過去28試合何も起きていません。ビアンコネリは明日のよる更なるユーヴェの勝利を期待しています。

    この2チームの北イタリアでの27度の対戦は、ユベントスが20勝3分で、パレルモが4試合に勝利をしています。パレルモ最後の勝利は2010年9月のスタディオ・オリンピコででした。

    2013年5月の対戦は4試合連続ホーム勝利かつ無失点からの戦いで、スクデット・セレブレーションが続きました。近年のユベントス・スタジアムで5連覇の2つめの優勝の時でした。

    昨年4月の勝利は、サミ・ケディラ、フアン・クアドラード、ポール・ポグバ、シモーネ・パドインによるゴールで4-0の勝利となり、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手たちはこの結果でチャンピオンまで勝ち点3となった。この2チームの対戦、9月のシチリアでは、ダニ・アウヴェスのロングシュートからエドアルド・ゴルダニガのオウンゴールでユベントスが勝利した。

    異なる運命

    現在のリーグ戦成績表が示唆するように、ユベントスとパレルモはここまでのシーズン違う結果を残しています。

    Team Comparison

    JuventusPalermo
    24Games Played24
    • Defence

      JuventusPalermo
      16Goals Conceded45
      12Clean Sheets2
      62Shots Faced (on target)130
      286Tackles Won323
      109Tackles Lost110
      72.4%Tackles Won (%)74.6%
      1,299Duels Won1,277
      1,088Duels lost1,359
      54.4%Duels won (%)48.4%
    • Attack

      JuventusPalermo
      49Goals Scored20
      137Shots On Target72
      153Shots Off Target103
      47.2%Shot Accuracy (excluding blocked shots)41.1%
      16.9%Conversion Rate (%)11.4%
      30Assists17
    • Distribution

      JuventusPalermo
      11,010Successful Passes7,914
      1,939Unsuccessful Passes2,229
      85%Pass accuracy78%
      101Successful crosses53
      265Unsuccessful Crosses241
      27.6%Cross accuracy18%
      235Successful dribbles203
      127Unsuccessful dribbles160
      64.9%Dribbles success55.9%
    • Discipline

      JuventusPalermo
      384Fouls Won337
      321Fouls Conceded376
      52Yellow Cards66
      0Red Cards6

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが先週日曜日のカリアリ戦でリーグ戦5連勝、また今シーズンのリーグ戦20勝目となったが、パレルモは、アタランタに負け16位へ、得られる勝ち点6から4点を得た。

    印象的に、パレルモは今シーズン、リーグ戦20ゴールを挙げ、ゴンサロ・イグアインの個人ゴール18点を2点上回ります。ここまで24試合で2点以上を奪ったのは1試合で、4-3で勝利したジェノア戦だけです。

    その原則で、ユベントスは他のどのチームよりも、1月にフィオレンティーナに負けてから、今シーズン合計12試合を全体に5連続無失点試合を行い、ビアンコネリのディフェンス陣は仕事をしています。

    ジャンルイジ・ブッフォンは、5連続無失点をセリエAでキープしています。

    反対側で、ザ・フラテリスのチェルシー・ダガーは過去30試合で67回楽しまれ、そのうち28回はビアンコネリの選手が勝ち取ったものです。

    前線の状況

    パウロ・ディバラ以外の選手から始められますか?昨シーズン、ユーヴェの最高得点者は2013年から2015年までパレルモに在籍し、89試合で21得点を奪いました。2015/16シーズンのクリエイティブな高さに達していないも、攻撃で彼の才能をきっと金曜日に発揮するでしょう。

    日曜日のカリアリ戦でのゴンサロ・イグアインへのディバラのパスは、得点かアシストでの8度目の貢献となったが、考慮すべき冬の怪我による欠場を通し、ふさわしく十分な復帰を攻撃的ミッドフィールダーで行われています。

    先週のサルデーニャでの場合のように、イグアインは今シーズン移籍以来ディバラより深く戦いスペースをメインとして受ける選手です。ユーヴェの背番号9は、2017年に8ゴールを挙げ、ヨーロッパのトップ5リーグでバルセロナのルイス・スアレスだけが、オープンプレーでのピピータの18得点を上回ります。

    @ghiguain20_9 🔥🔥🔥 #FinoAllaFine #ForzaJuve #CagliariJuve #InstaJuve

    Juventus Football Clubさん(@juventus)がシェアした投稿 -

    まだストライカーの話です。夏に契約したイリヤ・ネストロフスキの調子は、現在パレルモの2016/17シーズン唯一の明るい点の1つと思われています。このマケドニアのストライカーは、今シーズンのシチリアのチームの20リーグ戦得点の12得点を挙げており、勝ち点14のうち9点を直接得ました。

    しかし、1月にマインツへ移籍したスウェーデンインのプレーメーカー、ロビン・クアイソンのペナルティ・ボックスでの功績はかなりの依存となります。クアイソンの移籍後、右サイドバック、アンドレア・リスポリは、クラブの最高得点者に次いでいます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK