27.01.2017 17:30 - in: セリエA S

    マンジュキッチ「チームへの貢献が幸せです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「私は、もし自分がピッチ全力を出せば、私を見ているチームメイトも同じように駆り立てられると信じています。」

    ここ数ヶ月、ファンが声に出して「マリオ・マンジュキッチ」の名前を繰り返さないユベントス・スタジアムでの試合はありません!

    文字通り、ピッチの全てをカバーするマンジュキッチを目撃する時も、チームが彼を最も必要とする時に戦いへの準備ができており、それらの責任を負うことができます。

    決して戦いを避けることなく、スーパー・マリオはSkyとMediasetとの今日のインタビューにおいてでも、再び最大限の努力をしました。

    彼の言葉はここにあります..


    ここまでの満足なシーズン

    「全てがここまで本当によく行われています。イタリアでリーグトップです、チャンピオンズ・リーグは次のラウンドへ、そして今コッパ・イタリア準決勝です。私はこの状態に満足しています。

    言うなら長い道のりがまだありますし、まだ何も達成していません。私達は良い仕事を維持しなければいけませんし、今よりも良いプレーをすることができます。

    そうすれば自分自身をもって目標を達成できます。」


    ビアンコネリの「逆襲」能力

    「ユベントスはビッグ・クラブですし、もちろん常に見事にプレーする他に、誰でも私達がどの試合でも勝つと思っています。しかし私達はそれが必ずしも可能ではないと理解しています。批判者がいても決して気にしません。ただピッチで仕事をしなければいけません。

    負ける時、私達は再び次の試合で自身と取り戻す方法を知っており、何度も示し、続けていくでしょう。」


    新しいポジションに満足

    「新しいポジションはここまで本当に機能しています。私達には前進する多くのクオリティがありますし、私達は守備へのコンパクトなユニットがあります。これは私達の素晴らしいシステムだと思います。

    「私は新しい役割を本当に楽しんでいますし、それがチームへの貢献になるならそこでのプレーに満足です。監督が私に中盤で、または左サイドでのカバーが役に立つと思い頼むなら、完璧にシフトを入れることを望むのは当然です。

    私は、もしスプリントやスライディングタックルや何でもピッチで自分が全力を出せば、私を見ているチームメイトが同じように駆り立てられると信じています。私はチームメイトへポジティブなロールモデルになり得ると理解していますし、私がそれぞれの試合で試みたことです。

    私が若い時から常にプレーしてきた方法です。私が今日どこにいるか、そして多くの成功をそうやって掴んできましたから、これをし続けます。」


    「ファンのために戦わなければならない」

    「私は、どの試合でもファンのサポートを感じます。彼らは素晴らしいです。彼らの声援を聴く時、私は走り最大限の努力をしたくなります。

    背後にそんなファンがいるなら、走らなくてはならず戦わなければいけません。」


    サッスオーロ戦は重要です

    「私は、その敗北を良く覚えています。昨シーズンのサッスオーロ戦、楽しい瞬間を楽しんでるわけではありませんでしたし、私達は酷いプレーでした。

    私達が方法を理解しプレーし始め、多くが変わり、疑う余地なくそれはシーズンの分岐点でした。

    今年、私達は上手く行っていますし、ラツィオとミランとの戦いのようにプレーするなら、重要な勝ち点3を得続けると確信します。」

    ディバラを見ると

    「私はゴールを挙げるのが好きですが、チームメイトが奪っても自分が得点したかのように幸せです。

    パウロ(・ディバラ)が怪我から復帰し調子が良いのに、私は満足です。

    彼はそれを維持しなければなりませんし、多分、彼は次に私のためにゴールチャンスをセットしてくれるでしょう!」


    マリオとマッシミリアーノ

    「私とマッシミリアーノ(・アッレグリ監督)の間には、お互いにリスペクトがあります。彼は私をここで欲しく、信用してくれ多くを期待してくれます。私はそれが見えます。ただ彼の私への信頼を返すために最善を尽くそうとします。」


    パトリスを知る喜び

    「パトリス(・エヴラ)の様な素晴らしい人で素晴らしい選手に会うチャンスを得ることが出来私は幸せです。
    そのような誰かが進むとき、それは常に残念です、しかし、私は彼が幸せであると思います。

    彼のベストを祈ります。もちろん私達は彼がいなくなると寂しいと思うでしょう。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK