30.01.2017 13:05 - in: セリエA S

    #SassuoloJuve: サッスオーロ戦5つのポイント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Juventus.comは、日曜日のサッスオーロ戦でのビアンコネリの2-0の勝利から話すべき5点を取り上げます
    1. イグアインの熱さ

    ゴンサロ・イグアインがサッスオーロ戦で自身の得点記録、セリエA6試合で8ゴールとなる記録を伸ばすのに5分必要でした。

    その際に、ピピータは、6連続リーグ、アウェイ戦で得点は2005年ダビド・トレゼゲ以来のユベントスの選手となり、現在セリエA得点ランキングで15得点でインテルのマウロ・イカルディ、ローマのエディン・ジェコと並びトップです。

    ピピータの得点は長く続くかもしれません!

    2. 前線の才能

    昨日は、マッシミリアーノ・アッレグリ監督よって採用されたフォーメーション4-2-3-1がトスカーナの戦術家の自由な才能で攻撃することのラインアップを最大限に利用した最新の証拠でした。

    イグアインのゴール、マリオ・マンジュキッチは、マペイ・スタジアムでの左サイドで、再び威嚇的なパフォーマンスで自分自身を作り続け、フアン・クアドラードの右サイドのクロスとトリッキーさとパウロ・ディバラはピピータの後ろでコントロールした。

    同時に多くフォワードを展開した事でビアンコネリのディフェンスの力を失うのではないかという懸念があったとしても、新しいフォーメーションの導入と極めて少ない相手の脅威とラツィオ戦、またサッスオーロ戦でのパフォーマンスからリーグ戦で2連続無失点でこの懸念は消え去られました。

    3. ブッフォンの輝き

    39歳の誕生日を祝った後にゴール前さらなる素晴らしいパフォーマンスを残したジャンルイジ・ブッフォン、シンプルに年齢から若干良くなるという証明した。

    マッティオ・ポリターノとアレッサンドロ・マトリの数秒間での2度のセーブは、このビッグマンの反応が非常にシャープである事を示した。

    無失点と勝利で清算されたすばらしい仕事。完璧なバースデープレゼントです!

    4. ケディラのクオリティ

    サミ・ケディラは以前よりも深い中盤での役割をプレーしているかもしれません、アッレグリ監督が彼の前にイグアイン、ディバラ、マンジュキッチ、クアドラード、ミラレム・ピアニッチが置かれています。しかしケディラは、ゴールを目指すところ、彼のワシの目のゴールを狙う能力を失っていません。

    サミは、アンドレア・コンシーリのファーポストへのインサイドのゴールは、ストライカーが誇りに思うフィニッシュであった。

    ケディラの今シーズン4点目となるゴールは、レッジョエミリアでの特別な午後の仕事の始まりでした。またこの試合で最高の4本のインターセプト、アレックス・サンドロのみが 上回る90%のパス成功、50-50で勝利したピッチ上の唯一の選手にもなりました。

    非常に、非常に良い、サミ!

    マペイでの進撃

    アッレグリ監督が試合前の記者会見で話したように、サッスオーロとの2試合のアウェイ戦で引き分けと負けた後で、マペイ・スタジアムの勝利へ良い時でした。2014年4月カルロス・テベス、クラウディオ・マルキジオ、フェルナンド・ジョレンテによる得点で3-1以来の信念とともにありがたい勝利となった。

    このレッジョエミリアでの昨日の勝利は、結果ユベントスが2位ローマに勝ち点4差をつけ、ビアンコネリはタイトル・ライバルへ試合を楽しむ事となった。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK