11.10.2017 12:00 - in: チーム S

    南米でW杯出場決定に歓喜が沸いたユベントスの選手たち

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アレックス・サンドロ、ロドリゴ・ベンタンクール、パウロ・ディバラ、フアン・クアドラードは全員それぞれの代表チームでワールドカップ出場を決めました

    唯一南米予選ですでにワールドカップ出場を決めていたアレックス・サンドロとブラジル代表は最終節、ホーム・サンパウロでチリとの一戦に臨んだ。本大会ストレートインのために勝利が必要だったチリを相手に、ブラジルはパウリーニョが先制ゴールを挙げると、さらにガブリエウ・ジェズスが2ゴールをマークし、3-0で退けている。なお、アレックス・サンドロはこの試合で先発フル出場を果たしている。そのブラジルは終わってみればわずか1敗と、この南米予選では圧倒的な強さを見せつけた。

    ロドリゴ・ベンタンクールは最終節のボリビア戦でウルグアイ代表初先発を飾っている。そのウルグアイはアウェイでボリビアに4-2で勝利している。ウルグアイはガストン・シウバのオウンゴールで先制点を許すも、元ユベントスのマルティン・カセレスが39分に同点ゴールを挙げる。そしてその3分後にエディンソン・カバーニが勝ち越し弾をあげ後半へ折り返すと、ルイス・スアレスの2ゴールで勝負を決定づける。ボリビアはその後、ディエゴ・ゴディンのオウンゴールで1点を返すにとどまり試合終了。ウルグアイはこの南米予選を2位で終え、本大会ストレートインを決めた。

     パウロ・ディバラはベンチからアルゼンチンのワールドカップ出場決定の瞬間を見届けることとなった。最終節のエクアドル戦の直前では6位と1970年メキシコ大会以来の予選敗退の危機に直面していたアルゼンチンは、自動的に5位圏内へ入るためにこの一戦では勝利が絶対条件だった。そのアルゼンチンはキックオフからわずか38秒後にまさかの先制ゴールを許してしまう。しかし、リオネル・メッシがこの大事な試合でハットトリックを達成し、3-1で劇的な逆転勝利を飾った。これにより、アルゼンチンは3位に浮上し、見事本大会出場を決めている。

    フアン・クアドラードはアウェイでのペルー戦で先発フル出場を果たしている。コロンビアは後半にハメス・ロドリゲスが先制ゴールをあげるも、ペルーにパウロ・ゲレイロに同点弾を許す。試合はそのまま1-1にドローで終え、コロンビアは4位フィニッシュで本大会出場が決定した。一方、ペルーは5位で終え、オーストラリアとの大陸間プレーオフに回る。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK