06.02.2018 13:00 - in: セリエA S

    ハットトリックを決めたヒーローたち

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユヴェントスが1シーズンにセリエAで4回のハットトリックを記録するのは、1960/61シーズン以来初めてのこと!

    日曜日のサッスオーロに対する7-0の大勝は、セリエAにおけるユヴェントスのアリアンツ・スタジアムでの最大得点差での勝利となった。 

    その中でゴンサロ・イグアインは好調を維持し、後半の20分間でユヴェントスでの初ハットトリックを達成した。

    今季イグアインの他にはパウロ・ディバラサミ・ケディラがハットトリックを記録しており、まだ15試合を残しているにもかかわらず、1シーズンで4回のハットトリックはなんと1960/61シーズン以来初めてのことである。

    今季のハットトリックを振り返ってみよう。

    8月26日 | ジェノア 2-4 ユヴェントス | パウロ・ディバラ

    シーズン最初のアウェイゲームの開始7分で0-2とリードされたビアンコネリを、ラ・ホヤが救った。

    14分、ディバラはミラレム・ピアニッチのクロスに合わせて1点を返すと、前半終了間際にPKを決めて同点とした。

    フアン・クアドラード が逆転ゴールを奪った後、ロスタイムにディバラが左足でニアポスト近くにゴールを決め、ハットトリックで逆転勝利を締めくくった。

    9月17日 | サッスオーロ 1-3 ユヴェントス | パウロ・ディバラ

    ジェノア戦のハットトリックはスーパーゴールの連続ではなかったが、ディバラのサッスオーロ戦の3得点はワールドクラスだった。

    まずは16分に、ペナルティエリア外からのカーブを掛けた素晴らしいシュートでゴール。49分には巧みなつま先でのシュートをゴール隅に流し込むと、63分に自慢のフリーキックで3点目を挙げた。

    まさにディバラのための1日だった。

    10月22日 | ウディネーゼ 2-6 ユヴェントス | サミ・ケディラ

    ユーヴェ加入以来セリエAでの最初の2シーズンで5得点ずつと、サミ・ケディラのゴール記録は上向いている。しかし10月のアウェイでのウディネーゼ戦は、ドイツ人選手にとって特別なものになった。

    20分、ケディラはフアン・クアドラードのクロスにダイビングヘッドで飛び込み、ビアンコネリに2-1のリードをもたらす。59分にはダニエレ・ルガーニのヘディングでの折り返しをボレーで決めて、リードを4-2とした。

    試合終了間際、ケディラは低く力強い弾道のシュートをファーサイドに叩き込み、予想外のハットトリックで特別な夜を締めくくった。

    2月4日 | ユヴェントス 7-0 サッスオーロ | ゴンサロ・イグアイン

    しばらくゴールから遠ざかった後、ピピータはキエーヴォアタランタ相手にゴールを決めてスコアシートに名前を残しただけでなく、日曜日のサッスオーロ戦ではユヴェントスで初めてのハットトリックを達成した。

    チームが前半だけで4-0のリードを奪うと、イグアインは63分に右足でゴール隅にシュートを叩き込む。74分にはクラウディオ・マルキージオの完璧なアシストからGKをかわしてゴールを奪い、最後は83分に柔らかいワンタッチシュートでハットトリックを達成した。

    すごいぞ、ピピータ!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK