26.01.2017 00:01 - in: コッパ・イタリア S

    アッレグリ監督「正しい姿勢」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は試合後に評価します。「おめでとう選手たち。今夜対戦相手に殆ど何もさせませんでした。今我々は再び勝ちたいです。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日のコッパ・イタリアACミラン戦勝利後、選手へ多くの賞賛を与えました。

    準々決勝を2-1で勝利した後コメントし、特にチームが示した守備の固さと姿勢に満足と監督は説明した。

    「まず最初に、選手たちは対戦相手に殆ど何もさせなかった、それ相当に選手たちを信頼します。ACミランは、彼らがいつ叩いてくるか決してわかりません。彼らは以前多くを示し、今日再び示そうとしました、得点があっても彼らは動き続けます。

    我々にとって最も重要な事は、我々が常に、今夜と同じ姿勢でプレーする事を確認する事です。

    勝ち続ける決心がありますし、選手たちを本当に祝福したい。2シーズンカップ優勝してますし再び準決勝へ向かいます。」

    そしてアッレグリ監督は後半を分析しました、ロッソネリがカルロス・バッカのゴールで自分自身を試合に戻し試合を進めようとしました。

    「一度(パウロ・)ディバラが交代し、数的優位はありませんでした。ミランは幾つか危険な状況を作りゴールを目指しました。終盤のジェラール・デウロフェウの走りは別として、それ以上のチャンスは本当に与えませんでした。」

    チームの攻撃セットアップについて、セレクションの余地からフォーメーションについてコメントし締め括りました。

    「2試合で同じ事はありえません。異なる状況に適応しなければいけませんしもちろん、我々は時々入れ替えるかもしれません。シフトを入れる気があれば、フィールドでトッププレーヤーがいればいるほどポゼッションをコントロールする事が簡単ですし重要です。ポゼッションを渡した時によく守らなかったのが今夜のポイントです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK