16.01.2017 00:003 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「我々はより良くポゼッションをコントロールする必要がある」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「今夜の結果は、リーグ戦はまだ終わってはいないということを証明した。我々は戦い続ける必要があります、どのチームも我々に対し最高の戦いをします。」と監督はコメントした。

    日曜日夜、アルテミオ・フランキでフィオレンティーナに2-1で負けたあと、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はより上手くボールを扱う必要性を認めました。

    「前半、彼らは(ジョルジョ・)キエッリーニとアレックス・サンドロにプレッシャーをかけましたが、より良くポゼッションをコントロールしなければならず、落ち着いて戦わなければいけませんでした。」と終了の笛の後ユベントスの監督はコメントしました。

    我々は試合がゆっくりした時に失点し、後半我々に同点のチャンスがありました。しかしフィオレンティーナへのプレーの様に扱わなければいけません。

    ユーヴェの監督は選手にできるだけ早く敗北から立ち直る様に訴え、5連続優勝チームに更なるハングリーさを示すように話します。

    「リーグはまだ終わっていません。」とアッレグリ監督は主張しました。「勝ち点差を4点へできるように試合がまだあります。しかしこのような局面で戦う必要があるように、全てのチームが我々に対し最高の戦いをしてくると理解しなければなりません。」

    ビアンコネリは、パウロ・ソウザ監督のチームに対し、2点差をひっくり返す努力をおこなうも数々のストップとブロックで何度も防がれアッレグリ監督はこの結果の言い訳をすることはありませんでした。

    「45分のアクチュアル・プレーをすることができませんでしたが、今夜落ち着いてハードワークに集中したことは良いです。19試合で16失点をしました。多いです、チーム全体で守備の方法を変える必要があります。」とアッレグリ監督は言います。

    最後に監督はミラレム・ピアニッチがフィレンツェでベンチだった理由を明かしました。

    「彼は打撃を受けており、まだプレーすべき試合がありますから、彼にリスクを冒したくありませんでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK