08.02.2017 21:19 - in: セリエA S

      アッレグリ監督は、組織化されたプレーに喜びます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、4日間での2勝を果たした自身のチームの堅実な組織されたプレーに満足でした

      ユーヴェのアウェイでのクロトーネ戦2-0勝利後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームの成績で喜びを表明しました。

      「クロトーネは試合終盤に試合を失っていましたし、それは彼らがピッチで踏ん張り続ける方法を理解しているという事を示しています。彼らはごく僅かなスペースしかバックで与えません。」と監督はコメントした。

      「我々は、私が上手くやるだろうと思っていた事を理解していました。特に我々は前半特にパスのスピードを上げてより良い結果が得られました。全体としてテキパキとプレーし、殆ど何も相手にさせませんでした。我々は明確なアプローチで良い形で試合を戦いました。」

      監督は前半のプレー・パターンに反応し、パウロ・ディバラとマルコ・プヤカの役割を変えました。

      「我々は右サイドでほとんどスペースを持てませんでしたし、左からボールを中へ持っていく事が出来ませんでした。ディバラとプヤカのポジションを変える事でラインの間で多くスペースを与え、センターバックに対してマンツーマンにする事ができました。

      パウロとマルコは、強い足でカットインする事ができ、チャンスを作る事が出来ました。」と付け加えます。

      マルコのパフォーマンスに監督は賞賛しました。「私は、本当に嬉しいです。私は常に言いますが、彼がシーズン後半のカギとなります。私が、彼がどうパフォーマンスをしているのか言います。よりプレーする程彼は育ちます。私達のビルドアップでのプレーでの合図で成長する方法に感心しています。」

      ビアンコネリの先制点を奪った、マリオ・マンジュキッチに関してアッレグリはコメントしました。「彼は他の選手よりも良いエンジンを得ました。彼は素早く試合の後に試合を戦う事が出来ます。当然マリオは、休み回復をする機会を得ます。」

      スクデットとユーヴェの挑戦者に関してアッレグリ監督は、以下の様に言います。「ローマとナポリは上手くやっています。我々は何をする必要があるか集中しなければ行けません、今夜、失点しませんでした確実に良い面です。」


      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK