22.01.2017 15:39 - in: セリエA S

      アッレグリ監督、チームの反応を喜ぶ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「チーム・パフォーマンス。選手達の柔軟性が、このシステムで試合にアプローチするのを許しました。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、27戦連続リーグホーム戦勝利となったユベントス・スタジアムでのラツィオ戦でのチームの勝利後に喜びます。パウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアインの前半のゴール、新しいユーヴェは、ピアニッチとマンジュキッチそして2人のアルゼンチン人得点者です。

      「これらの変化に対して正しい試合でしたが、我々がこのように常にプレーするだろうという事ではありません。」とアッレグリ監督は明らかにしました。「誰でも調子の良い時に、同じチームで多くのクオリティを収める事が出来る事を選手達は示しました。フォーメーションに関係なく、とくに良いチャンピオンズ・リーグのシーズンを戦える見通しから我々はまだ良くなる必要があります。」

      「今日、我々は肩の上に大きな責任を持ちました」と監督は続けます。「選手達は本当に応えましたし、このパフォーマンスは賞賛に値します。チームで戦う様に頼み、彼らはそう戦いました。どんな試合でも勝利の為に必要なハングリーさと欲求の他にチームは技術的なポイントでも上手くやりました。上手くプレーしても競争する力が無ければ、欲求があっても試合を上手く戦えなければ勝てません。この2つは一緒でなければいけません。当然の事ながら我々はファイナルサードで上手く戦う事ができました。我々は大きな反応ができ私は嬉しいです。」

      大きな話題の1つは必然的にアッレグリ監督の大胆なシステム変更です。「何かを変える必要があり、トレーニングの後私は自分自身に問いました。選手の特別なクオリティがこのフォーメーションで戦うのを許しました。マンジュキッチは左で素晴らしかったですし、異なるクオリティがストゥラーロもプレーすることがプヤカもプレー出来るポジションです。出場しプヤカには2、3のチャンスがあり非常に上手くやりました。ピアニッチも非常に良くプレーし、我々は今日幅68メートルのユベントス・スタジアムでのピッチをフルに使ったとフェアに言えます。我々の持つクオリティで、対戦相手を破る事は非常に難しくなります。」

      アッレグリ監督は、チームがこの考えを維持しなければならないと強調しました。「我々が例えどんなフォーメーションでプレーしていてもチームはこのテンポを維持しなければいけません。急ぐ事なく我々はボールを後半良く回しましたし、もう少し忍耐を示します。そのような時間に前方へ瞬間で正確に達するチャンスがありますし、おそらく我々は少し速くボールを移す必要がありました。チャンピオンズ・リーグで次の段階へ進む為にはどれほど自分達が優秀であるかを認識し自分自身の能力を信じなければいけません。素早くフォーメーションを馴染ませる事を若い選手が出来る様にしなければいけません。全てのシーズンがチームの寿命と同じではありません。全てをする時ですし、バランスを示さなくてはいけません。客観的にあらゆる方法で次のステップへ進まなければいけません、急ぐ事は出来ません。それは我々の強さでなければいけません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK