01.03.2017 00:25 - in: コッパ・イタリア S

      アッレグリは、ユーヴェの逆転を歓迎

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「我々は、開始少し間違ったプレーをしていました。しかし我々はまだ改善すべき多くの余地があります。」とビアンコネリの監督のコメント

      マッシミリアーノ・アレッグリ監督は、火曜日夜のコッパ・イタリア準決勝ファースト・レグで3-1でナポリを破ったゴール、チームの後半のリアクションを称賛しました。

      「我々は劣った前半の後、ハーフタイム後に上手くプレーしました。」と終了の笛の後監督はコメントしました。「我々は、いくつかのワンツーを得て、実際多くのチャンスを与えず、(ゴンサロ・)イグアイン、(マリオ・)マンジュキッチ、(シュテファン・)リヒトシュタイナー自身のチャンスがあった。

      我々は、もっとボールを早く動かす必要がありましたが、我々は2、3のミスがあり、ボールを渡しました。いうなら我々は後半上昇しました。

      アッレグリ監督は、さえない最初の45分でくよくよするよりは、ポジティブに集中したいと熱望していた。

      「特にチームの印象的な後半のパフォーマンスを、私はチーム全体を祝わなければなりません」と、監督は言います。「1ゴールのビハインドから良いリアクションを取りました。ハーフタイム後フィジカルのレベルで改善され、我々のプレーを上手く構成されたので満足します。

      ナポリは常に、戦うのが難しいチームですが、我々は良い方へ向かっています。我々は非常に強く試合を終えましたし、チームの調子が良い事を示します。」

      ナポリでのリターン・レグ前にユベントスにアドバンテージを与える勝利にもかかわらず、選手が試合を起こす事に集中しなければいけないとアッレグリは直ぐに強調しました。

      「彼らのクオリティと強さに関し、チームはまだ改善するべき多くの余地があります。」とコメント。「私は賞賛を手渡さなければいけません。本当に動き始めた1人の選手は(ミラレム・)ピアニッチです。プレーを構築し相手をバラバラにするという観点から、彼は大きな働きがありました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK