22.10.2017 21:18 - in: セリエA S

    アッレグリ監督:ウディネーゼ戦後コメント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アッレグリ監督はウディネーゼ戦後に会見を行い「よく守りホームに勝ち点とともに帰ることができる」とチームを評価している。

    試合の総括

    「今日の試合は簡単ではなかった。選手たちを称賛しなければならない。彼らは素晴らしいスタイルで応えた。アタランタ戦とラツィオ戦でスイッチが切れていたのにも関わらず良いパフォーマンスを出すことができた。負けるか引き分けるか、時に一瞬のうちに試合を決めてしまうことがある。皮肉なことに技術的にはレベルの低かったスポルティング戦が勝つために最低限必要なレベルの試合だった。我々は今日の試合でほとんど困難な場面がなく6ゴールを奪った。チームのスイッチが入ったね。11月にはフィットネスレベルでも段階を上げて、負傷した選手たちも戻ってくるだろう」

    「4試合のアウェーゲームで7得点を挙げた。もっともっとその数字を伸ばさなければならないが、クリーンシートを保つこともしなければならない。今日はよく守れていた。2-2からスイッチを入れて勝利することができた。今季はより攻撃的なチームになっている。チャンスがあるときに前進し、ゴールを奪うことで相手に傷をつける必要がある」

    サミ・ケディラについて

    「サミは良くなっている。彼はプレーすればするほどシャープになっていくだろう。2人の中盤でとても効果的で、3人で中盤を構成した時と同じペースで走れていた。ピヤニッチと同様に大きく改善している」

    次節出場停止のマンジュキッチについて

    「問題はないが彼を次の試合でも残したかった」

    ミラン戦で出場停止が見込まれるレオナルド・ボヌッチについて

    「レオはユベントスに在籍した7年間で偉大な功績を残している。彼は多くのことを改善し、尊敬に値する決断を下した。両チームが完全な強さで試合をしたかったので彼を観たかった」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK