12.04.2018 01:22 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    「素晴らしいパフォーマンス」を称えるアッレグリ監督

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「このような夜から、強さを得ないといけない」とビアンコネリの指揮官はマドリードでの試合後に語った。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチャンピオンズリーグ準決勝にわずかに手が届かなかったベルナベウでの一戦の後、ユヴェントスのパフォーマンスを称えた。

    「素晴らしいパフォーマンスをした」と指揮官は語っている。「トリノでも最初の60分間は同じだった。結果により人々は誤解していたが、私はそうではなかった。今夜は守備が堅く、逆転に向けて非常にうまくプレーした。第1戦のパフォーマンスを見て、そうなるだろうと分かっていた」

    もちろん失望もあるが、アッレグリ監督はユヴェントスがマドリードでの一戦からポジティブな要素を持ち帰る必要があると語った。

    「泣いても仕方がない」と監督は言う。「失望しているが、日曜日にはリーグの試合があるので今日の気持ちは全て吐き出す必要がある。今日のような夜から強さを得ることができる」

    アッレグリ監督は、PKの判定については議論することを避けた。

    「今夜はVARがなかった」と監督へ述べた。「我々は負けた。それがすべてだ。PKになったファウルは第1戦でクアドラードに起きたことに似ていた。たくさんの混乱があった。延長戦の目前まで行った私たちには、苦い後味が残る。試合を変えるために2つの交代枠も残していた。ただそうは言っても、2試合を通して見れば両チームともが次のラウンドに進む資格があったと思う」

    「今夜はユヴェントスのチームとして、そしてクラブとしての過去数年間の進歩を示すものだった。バイエルンとのアウェイでも同じようなパフォーマンスをしたが、今夜は我々の方に物事が進まなかった。ただこのままの方向で進んでいく必要がある。今夜の試合は大きな後押しになるし、来年のチャンピオンズリーグにも自信を持って臨める」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK