01.10.2017 07:00 - in: セリエA S

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督、アタランタ戦を振り返る「敗北の危険もあった」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督が2-2の引き分けに終わったアタランタ戦を振り返り、アタランタを称賛しつつも反省点を語っている。

    「我々は勝てたかもしれないが、最後には敗北する危険があった。今夜の勝ち点が長期的に重要なものになる恐れもあるから、このようなことを繰り返してはならない」

     「アレハンドロ・ゴメスは素晴らしいボールを供給し2点目となるクリスタンテのゴールをお膳立てした。我々のミスはクロスを上げさせてしまったことに加え、1失点目のブッフォンのセーブに素早く反応できなかったことだ。我々は勝利に値するパフォーマンスを見せていたので、貴重な勝ち点を2つ落としてしまったことは残念だ」

     アッレグリ監督はVARにより取り消されたマリオ・マンジュキッチのゴールについても言及している。

     「VARは重要なツールであると考えている。しかし、客観的な場面でのみ使用するべきだ。そうでなければ3月の試合は終わるのに3時間も4時間もかかってしまう」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK