10.02.2018 00:21 - in: セリエA S

      ユーヴェの成熟度を称えるアッレグリ監督

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      フィレンツェで2-0の勝利を収めた後、監督は「単にうまくディフェンスし、相手にチャンスを与えないことで試合をコントロールできる」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、フィオレンティーナとの難しいアウェイゲームで勝ち点3を得たチームの成熟度を称えた。

      ビアンコネリはスタディオ・アルテミオ・フランキでしばしば攻め込まれる場面もあったが、プレッシャーに耐えて後半に2得点を挙げた。

      「相手がボールを持っている時は、秩序を保って好機を待つ必要がある」と監督は試合終了後にコメントしている。

      「フィオレンティーナはとてもうまくプレーし、プレッシャーを掛けてきた。ただ前半には多くのチャンスは作らせなかった。ポストに当たったシュートも、コーナーキックからのカウンターだった」

      「我々は精彩を欠いて、相手を数で上回ることができなかった。そこでチームの成熟度が重要になる。こういう時には、まずダメージを避けるようにする。そして後半は違った試合になった」

      後半開始10分後にフリーキックから均衡を破ったのは、元フィオレンティーナのフェデリコ・ベルナルデスキだった。

      「フェデリコはとても良くなった。彼はハードワークと勇気、決意によって勝利を得るチームのために何をするべきかを理解するようになった」

      アッレグリ監督は次にホームチームを苦しめたドウグラス・コスタ投入の決断について語り、最近16試合で1失点しかしていないユヴェントスの堅守を称えた。

      「1対1で相手に勝ち、ラインの間でプレーできる選手が必要だった。我々のチームには素晴らしい選手と最高のプロフェッショナルがたくさんいる」

      「シーズン開始後に3-2やウディネーゼ戦のように6-2で終わる試合もあって、今は正常に戻った。単にうまくディフェンスし、相手にチャンスを与えないことで試合をコントロールできるんだ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK