05.01.2018 13:00 - in: セリエA S

    アッレグリ「この状態を維持しなければならない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は今季の前半戦の戦いぶりを高く評価しているものの、この流れをカリアリ戦でも維持したいと考えています

    カリアリ戦への集中

    「クアドラード、ブッフォン、デ・シリオは出場しない。マルキジオとストゥラーロはトレーニング中に膝を打撲した。出場の可否を判断しなければならない。マンジュキッチは最高の状態だ。チーム全体が良い状態にある。中盤を2枚で臨むのか、それとも3枚にするのか決断しなければならない。右サイドバックはバルザーリとリヒトシュタイナーのいずれかを起用するだろう 」

    「ブッフォンはナポリ戦での負傷から復帰するために取り組んでいる。彼をケガのリスクにさらすことはできない」

    「カリアリは先週のアタランタ戦で素晴らしい勝利を収め、自信をつけている。守備で組織立っており、最後まで諦めない。簡単な試合にはならない。1ポイントも落とすことが許されない状態で、正しい姿勢で試合に臨まなければならない」

    「2シーズン前、ウィンターブレイク直前のカルピ戦ではラスト10分で失点を犯し、難しい試合となった。1年前のドーハにおけるミランとのスーパーカップではPK戦の末に敗れた。我々は明日の一戦に向けて勝利するために集中しなければならない」

    開幕当初の目標の維持

    「我々は今季、良い形で前半戦を過ごしていたと思っている。リーグ戦では47ポイントを獲得したし、首位のナポリとはわずか1ポイント差だ。この後はチャンピオンズリーグでのラウンド戦やコッパ・イタリア準決勝が控えている。開幕直後、我々は3月の時点でスクデットを含め3つのコンペティションを戦っている状態を目指していたが、まだその目標へ向けての軌道に乗っている。そして我々はその上を目指すことができるし、3つのタイトルを目標にすることができるだろう。しかし、今は開幕当初に掲げていた目標に集中している」

    「ナポリが前半戦ですでに48ポイントを獲得していることを考慮すると、我々がスクデットを勝ち取るためには96ポイントが必要だ。我々は様々な困難を経験している、例えば第2節のジェノア戦では逆転勝利を収めることができた。一方で、アタランタ戦ではドローに持ち込まれたし、ラツィオ戦では敗れている。この2戦では2度のミスを犯しており、2度PKを失敗している」

    「シーズンはまだ先が長い。首位のナポリに食らいつかなければならないが、ナポリがこの後にどこかの試合で勝ち点を落とす可能性があることも意識している」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK