17.10.2017 13:48 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「組織的であり、主導権を握り、かつ集中し続けなければならない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は水曜日の一戦がチャンピオンズリーグ・グループステージの今後を占う上で非常に重要であると考えています

      ラツィオ戦からの切り替え

      「ラツィオ戦後から今日までのトレーニングの雰囲気は良い。我々はチームとして適切なバランスを取り戻し、プレスを怠ったりボールを失うことが無いようにしなければならない。フットボールでは物事が良い方向に行ったり、逆に悪い方向に行くことがある。当然、我々自身が犯したミスを修正するためにシーズン終了までハードワークを行わなければならない」

      「我々は今シーズン良いスタートを切っている。ナポリは素晴らしいシーズンを送っているが、シーズン終了までの道のりは長い。私は5試合以上の試合を行う3月のことを考えているし、その3月に彼らのような状況になるためのことを考えている」

      「しかし今まさに我々が考えないといけないことは、明日のスポルティング・リスボン戦だ。彼らは間違いなく難しい相手である。ディフェンスが素晴らしく、強力であり、経験を積んだ監督がいる。バルセロナ相手に好勝負を演じているので、我々は組織的であり、主導権を握り、かつ集中し続けなければならない。我々はそのスポルティングと180分戦うし、彼らとの戦いに集中する準備はできている」

      明日に向けた準備

      「我々は一切弱点を見せないためにもハードワークしなければならない。ディフェンス面で集中し続けなければならないし、90分通してのマネジメントについても同様だ。明日は難しい試合になるだろう。しかし私はシステムを変える必要はないと考えている。このフォーメーションでこれまでの多くの試合に臨んできているし、土曜日のラツィオ戦も47分まではうまくプレーできていた」

      「スポルティングにはテクニック面で長け、スピードがあり、ディフェンス面で素晴らしい選手が多くいる。しかし、我々がこのスポルティングとの2連戦で勝利を手にするとベスト16入りを我々の手で手繰り寄せることができる。もし勝利できなければ、我々にはバルセロナとの対戦が待ち受けている」

      「ディバラとは昨日話した。適切なバランスを保つためにどの選手にも話すことは普通だし、彼も自分自身のバランスを見つける必要がある。彼はサッスオーロ戦でゴールを量産したり、ここ最近PKを失敗し続けるようなことが無いようにすべきだ。これはフットボールの一部であり、彼が成長する過程の一部でもある。パウロは引き続きPKのキッカーを務める。確かに時にはミスをすることがあったが、これまで毎回PKを成功し続けていたので変えるつもりはない」

      スポルティング・リスボン戦での先発メンバー

      「今日、そして明日にトレーニングがあるのでまだ先発メンバーを決めていない。ピャニッチはコンディションが回復している。私は彼がトレーニングでどれくらいの状態であるのか確認する必要があったが、キレのある動きを見せている。マテュイディはずっと走っているし、プレスも素晴らしいものを持っている。特にピャニッチがボールを素早く動かしているときに彼が生きている。彼はチームにとってとても重要なクオリティを持った凄まじい選手である。またピャニッチのようなテクニック面で長けている選手がいるとボールの回りが良くなるだろう」

      「右サイドバックではストゥラーロとバルザーリのどちらかを起用するだろう。スポルティングの特徴や戦術を考慮しての選択はしないだろう。この2人のコンディションを見極めなければならない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK