27.11.2017 00:22 - in: セリエA S

      アッレグリ監督はクロトーネ戦の勝利と向き合った

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「今後のセリエA上位争いはシーズンに大きな影響を与えるだろう」

      試合を振り返って

       「前半はボールとの距離が遠かった。左サイドではアレックス・サンドロとドウグラス・コスタの距離が広すぎた。ドウグラスは左サイドの前方にポジションを取っていたが、もっとスペースを見つけることができた。3人のMFをスイッチさせ視野を広げ、ディバラとマンジュキッチにもっとボールを供給するべきだった」

       

      選手のコンディションについて

       「何人かの選手を回復させる必要があるが、トレーニングでは良い動きを見せている。我々はすぐに状態をピークに持っていけるだろう。うまく行くはずだ」

       

      首位ナポリとの一戦を控えて

       「タイトル争いをしているチームが2つあるので、我々はうまくやる必要がある。ナポリは勝ち点を4ポイントしか落としていないし、ベストな状態になくとも勝利を手にしている。サンパオロでの試合が終わるまで決して終わらない。我々はトップフォームを維持し、本当に手中しなければならない。昨シーズンの我々がしたように。このようなビッグゲームでは細部にまでわたる」

       

      ナポリ、インテル、ローマとの直接対決がつづくことについて

       「本当に厳しい戦いだ。すべてのチームが我々を打ち負かすことを望んでいる。3月には首位で迎えたい。ここからはセリエAとチャンピオンズリーグの両方で重要な1か月間になるだろう。我々は十分に準備する必要がある。この3試合の直接対決はこれからのシーズンに大きな影響を与えるだろう」

       

      デ・シリオについて

       「マッティアは1年ほど道に迷っていたが、彼は良い選手だ。彼は技術的な観点からではなく、性格や信念、彼が何をできるかを示すひつようがある。リヒトシュタイナーは前半に良いプレーを見せていた」

      マルキジオについて

       「彼の離脱が大きな影響を与えたのと同じように、彼の復帰は本当に大きい。復帰はしたが試合のテンポになれる必要がある。今夜はうまくやった。我々は彼を必要とするだろう

       

      最近のディバラについて

       「彼はまだ24歳だが、シーズンのスタートではとてつもなく張り切っていた。常にゴールを決め続け、トップに立つということはサッカーではできない。相手のことを良く知り、学ぶ時間が増えることでうまくやっていけるだろう。忍耐強く、落ち着いて再びやり直す必要がある。すべての選手がもつ1つの瞬間に過ぎない。ディバラはどんな時でもチームに変化をもたらす素晴らしい選手だ。落ち着きが必要だ。このような時期は選手の成長の一環だ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK