31.10.2017 23:37 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督「勝つことに集中する」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アッレグリ監督はユヴェントスが残りのチャンピオンズリーグ、グループステージの2試合を戦うための、すべてのものをユヴェントスは持っていると強調した。

    今夜の試合で決勝トーナメントへの出場を確信していたマッシミリアーノ・アッレグリ監督はスポルティングCP戦に勝てなかったことを失望した。

    「残念なことだが、我々はそれに疑いの余地を感じていない。依然として、残りのタフな2試合をこなすすべてのものを持っている」

    「バルセロナとはオープンな試合になるだろう。アテネでの最後の試合では地獄を見る危険性もある」

    アッレグリ監督は今夜の試合を振り返り「前半は貧弱でゴールを奪った後もリアクションはなく、生き返ることはなかった」とコメントしている。

    「ハーフタイム後からは、より良かった。70分からは期待通りのダイナミズムをもたらした。しかし、イライラしていたとはいえ私たちのプレーは滑らかではなかった」

    「我々は試合をひっくり返すために試したが、そうはならなかった」

     

    「明らかに、我々が最善を尽くすには恐怖の要素が必要だ。我々は今夜の結果を取り上げて、ベネヴェントとは敬意を持って対戦し、勝つことに集中する」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK