19.03.2017 18:57 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、勝利は「前進」とコメント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユーヴェの監督は、チームの前半のパフォーマンスに対し賞賛でいっぱいでした。それを彼は今シーズン見た最高の1つとしてランクした

    マラッシでの貴重な勝ち点3を獲得した後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、勝利がユーヴェにとって「需要な前進」とコメント。

    監督は結果には満足も、チームの後半のプレーに関しては感動しませんでした。ユーヴェの前半のパフォーマンスを「シーズンのベストの1つ」と話したが「後半、我々はわずかに集中を失いましたし、カウンターを数回受けました、我々はタイトに組織化する事ができたしそれはリスクではありません。」

    「時々、敵が後ろに入ることが出来ないことを確認する必要がありましたが、今日それが起こりました。」とコメント。

    「ミラン戦のように我々は極めて少ないファウルを犯しました、相手は21回のファウルです。そして我々… 時々何度もファウルをする必要があります。我々はより良くボールを奪取する事ができ、より冷酷にもなり得ました。」

    怪我で30分に下がることになったパウロ・ディバラに関して、アッレグリ監督は、即座に懸念を和らげるコメントをしました。「心配があってはいけません。彼は、少し屈筋がきつくなっていると感じました。」

    交代の影響に関して以下のように言いました。「誰も同じ特徴を持ってはいません。私は我々のバランスを崩したくなかったし(ミラレム・)ピアニッチを動かしたくなかったので(マルコ・)プヤカを投入しました。彼は大きなクオリティを得たが、育つ必要があります。」

    ビアンコネリは、ある程度の成熟で自身の仕事をし、適切な向きで試合へアプローチしました。チームは、ユベントスがバルセロナとの対戦を決めたチャンピオンズ・リーグ準々決勝の抽選でそれが散らされる徴候を示しませんでした。

    「このような戦いをする事が我々にとって当然でなければいけません。我々は勝ったが負けることもありえました。しかしこの様な戦いはユベントスにとって普通です。」と監督は言います。

    「しかし、まず第一に、ナポリとキエーヴォとの2試合を戦います。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK