07.01.2017 13:00 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「進むつもりなら再開しましょう」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、チームにユベントス・スタジアムでの日曜日夜のボローニャ戦でタイトルの資格がある事を示すように頼んだ

      初年に戻る

      「ウインターブレーク後の最初の試合はトリッキーな試合です。どこから戦うかの選択が常に難しいですし、このような試合は新シーズン最初の試合の様です。ボローニャは我々より前にトレーニングの戻り非常に良くまとまっており献身的にプレーする事で常に我々に激戦を与えるチームです。非常に重要な対戦です。我々はローマに勝るアドバンテージを維持したいです。」


      ドーハは過去

      「私は、常にこのチームに正当な理由での賞賛を与えました。2016年にヨーロッパで他のどのチームも成し遂げていない勝ち点100点を得ました。

      ドーハでの試合の我々の戦いはオフの戦い方でした。非常に良く試合にアプローチしましたし、強い35分後、プランを失いましたしトロフィー手に入れる時に受け入れがたいものでした。

      言うなら、こういう事はシーズンの進行上起こる事があります。4日前に本当の決心と勇気でローマとトリノに勝ちましたが、ドーハでは、シンプルに全くできませんでした。

      現在、今シーズンの後半戦が始まり、それ以上のパフォーマンスを示す事を確認する時です。我々はスクデット獲得にはまだ遠いですし、激しく追いかけてくるローマと共に、地に足をつけて明日再び走らなければいけません。」


      (6度目)優勝への視線

      「リーグ・タイトルへの、本当に伝説的となる何かを成し遂げることへの我々の冒険は明日、本格的に始まります。6連続スクデット獲得が今シーズンのメインの目標です。次のシーズン、我々は再び新しい時代をキックオフする事から始め、または、集中を7連続達成へ向かわせます。我々全員が後者を明確に望みます!

      選手達に自分自身の結果に集中する様に頼みましたし、我々のプレーのクオリティを持って試合の締めくくり方をマネージメントする方法を改善しました。フットボールでポゼッションしている事とマネージメントしている事は等しくありませんし、直面する戦いで非常により良くする事ができます。17試合で14失点をしましたし、これは対戦相手に多くのチャンスを与えている事を意味します。」


      チーム・ニュース

      「ネトは明日プレーします。ブッフォンは、風邪の後トレーニングに戻ったが、マッチデーチームにも選べそうにありません。彼は次週のフィオレンティーナ戦に戻ると思っています。

      チャンスは、ボローニャ戦で4バックでラインアップするという事です。エヴラかアサモアが左サイド、バルツァッリもフォーチャーされるでしょう。彼は肩の怪我から完全に回復しました。

      攻撃ではディバラはほぼ間違いなくこの試合先発しますが、彼が誰とプレーするかについては判断する事になっています。プヤカの様に、パウロはシーズン後半の我々のプランの重要な部分です。

      マルコは明日呼ばれます。ほぼ間違いなく次の4日の2試合でどちらの試合でも関わります。

      アレックス・サンドロとボヌッチは、ミッドウィークのコッパ・イタリアには戻る様になっています。」


      リンコンの最初の印象?

      「リンコンは、立派なプロフェッショナルとして素晴らしい選手ですし、ユベントスがチームとして必要とする全てのキャラクターを持っています。彼は中盤、またはディフェンスの前でプレーする事があります。明日デビューかはわかりません。先週加入したので、馴染むのに時間が必要です。彼の加入は我々にとって非常に役に立つ存在ですし、彼が今チームの一部になった事を喜びます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK