05.03.2017 17:59 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「まだ長い道がある」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「残り11試合があります、例え我々が勝利してもリーグがまとまるわけではありませんでした。一生懸命ハードワークしましょう。我々はより多くのポイントを必要とします。」ユーヴェの監督はコメント

    ユベントスは日曜日午後、ウディネーゼと1-1で引き分けたが、まだ多く出来ることがあったとマッシミリアーノ・アッレグリ監督は強調しました。

    「これは、最高でも設定点です。」と試合終了後のアッレグリ監督が話しました。土曜日のローマがナポリに敗北した後、タイトル決定戦としてダチア・アリーナでの試合を描いた人たちへ返答しました。「残り11試合があり、例え我々が勝利しても、リーグがまとまるわけではありませんでした。我々はローマに対し勝ち点8点差ががるのが良い点です。

    我々は1年間引き分けがありませんでしたし、いくつかの厳しい試合を戦ってきました。我々は引き分けたくありませんでしたが、ウディネーゼは非常に上手くプレーしました。現在我々は、ACミラン、ポルト、サンプドリアとの戦いに備え取り組む必要があります。まだ進む長い道のりがあります、まだより多くの勝ち点を必要とします。」

    アッレグリ監督は、ウディネーゼとの彼のチームのパフォーマンスが平均以下だったと認めました。

    「我々のプレーは、前半より速くある必要がありました。」と説明しました。「ハーフタイム後、我々はより多くの忍耐を示さなければならなくて、よりプレーを混ぜ合わせようとしました。」

    ユベントスの監督は、勝ち点3を追いかけるチームとして、パウロ・ディバラをディフェンシブ・ミッドフィールダー、トマス・リンコンと交代させた理由を説明した。

    「私は、チャンスのためにもう一人ミッドフィールダーを加えたかったです。」とアッレグリ監督はコメント。「もし試合に勝つことができなくても、負けてはいけません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK