02.01.2018 13:00 - in: コッパ・イタリア S

      アッレグリ「トリノダービーで絶対は存在しない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は明日のトリノダービーでトリノをリスペクトしなければならないと考えています

      目の前にある課題

      「明日のトリノ戦、そして今週末のカリアリ戦では絶対にミスが許されない。明日はコッパイタリアでベスト4に進むためにも勝たなければならない。そしてリーグ戦を控える土曜日にも3ポイントを獲得しなければならない。この2戦両方で勝利しなければ今季ここまで我々のやってきたことを台無しにすることとなる」

      「我々がトリノを過小評価することは絶対にない。彼らとの一戦はダービーそのものだ。スクデットやチャンピオンズリーグのように、コッパイタリアのタイトルを獲ることは我々の目標だ。我々はベストな状態で臨む必要がある。トリノ戦から72時間後にはウィンターブレイク前最後の試合がある」

      「ヴェローナ戦と同じようなパフォーマンスだと我々はコッパイタリア・ベスト4に進むことはできないだろう。確かに我々は難しい試合が続く時期を過ごしてきた。しかし試合が続く限りミスは絶対に許されない。明日は勝つか負けるかだ、そしてリーグ戦ではナポリから引き離されないようにするためにも1ポイントも落とすことができない」

      明日の先発メンバーについて

      「ブッフォン、クアドラード、デ・シリオは出場しないが、3人ともそろそろ復帰する。デ・シリオは昨日チームの全体練習に合流している。彼はカリアリ戦で起用することができるだろう」

      「ディバラは”偽9番”のポジション、またはマンジュキッチとイグアインのいずれかと一緒にプレーするだろう。マンジュキッチとイグアインはいずれかがベンチスタートになる。ルガーニは明日先発起用するだろう。マルキージオも先発で起用できる状態だ。中盤で誰を彼と一緒に起用するのか後で決める」

      「リヒトシュタイナーかストゥラーロが右サイドバックでプレーするだろう」

      ユヴェントスの監督キャリアについて

      「監督としてフットボールを楽しんでいる、しかし私は誰かと違い、24時間ずっとフットボールについて考えているわけではない。私は記者会見においてブッフォンがこのように私のことを話したことに感謝している。私はワールドクラスの選手たちとトレーニングを行っていることに幸せを感じている」

      「監督キャリアが幕を閉じる時に、私がつかんだものは全て選手たちが残した結果によるものだ。カリアリでの2年間、ミランとユヴェントスでの8年間において、素晴らしい選手たちとトレーニングを行えていて幸せだし、そのことによって違いが生まれている」

       

       

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK