12.01.2017 00:00 - in: コッパ・イタリア S

      アッレグリ監督「これは我々が勝ちたい戦いです」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、アタランタ戦でのビアンコネリのパフォーマンスに半分だけ満足するだけです。「フォワードは良かったがディフェンシブではありませんでした。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日のアタランタ戦勝利後コッパ・イタリア準々決勝進出へ満足を示したが、チームのディフェンスの足らなさを強調しました。

      「我々に争う技術があることは良いです。」と監督は切り出しました。コッパ・イタリアは我々にとってセリエAとチャンピオンズ・リーグの様に重要ですし、それに勝ちたいです。

      結果に満足し、アタランタの様なチームに勝利するのは簡単ではありませんでした。」

      「楽しい試合でしたし両チーム上手く戦いました。緩まるまで我々は良く戦っていましたし、そしてアタランタが彼らの試合を戦いフレッシュに熱意を持ってプレーし3-1となり我々はミスをし終盤3点目を与えそうになりました。複雑な問題は終わりません。

      我々はより慎重な必要があります。2-0の時に、残り15分間を確実にディフェンスする必要があります。少し時間がかかり、突然試合は再び開かれることになります。試合は終わるまで決して終わりません。

      攻撃非常に良かった、技術的なポイントから、今夜我々のベスト・ゲームの1つだったと思いますが、ディフェンスはとり効果的ではありませんでした。

      我々は良く長く見る必要があります。プレーを止める事は出来ません。結果を手にした様に見えても失点してはいけない事を覚えておく必要があります。」

      アッレグリ監督は選手個別のパフォーマンスにもいくつかコメントしました。

      「(パウロ・)ディバラは、今日上手く戦いました。怪我から復帰し、試合時間を必要としていました。

      (レオ・)ボヌッチは、今夜15分出場しました。明日残りのチームでトレーニングを受けますし、我々は彼が日曜日に戦えるかどうか見ます。

       (マルコ・)プヤカは、傍観から3ヶ月で復帰しました。彼は最高のクオリティですし、それを今夜見ました。イタリアで全く新しい試合ですし、多くの事を学んでいます。

      (トマス・)リンコンに関しては、中盤で良いパフォーマンスを残しました。新しいチームメイトとの初先発出会ったので容易ではありませんでしたが、彼のプレー方法に満足です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK