14.10.2017 21:15 - in: セリエA S

    アッレグリ、ラツィオ戦後コメント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督が1-2で敗北に終わったラツィオ戦を振り返り、コメントを残した。

    試合の総括

    「我々はスイッチを切ることなく試合に挑まなければならない。リーグ戦を勝つためには毎日戦い、闘争をしなければならないという事実を把握できていない。これは95分間にしっかりフォーカスしなければいけないということだ。ラツィオ戦とアタランタ戦で勝ち点5つ落としてしまった。2つの不運(イグアインのクロスバー直撃とディバラのPK失敗)や代表チームから帰ってきて疲労などもあるが、これらを言い訳にはできない」

    ラツィオについて

    「彼らはスペースでうまく連動する組織されたチームだ。2つのゴールをあまりにも簡単に献上してしまったことに失望している。どちらのゴールにも強く行くことができなかった」

    イグアインについて

    「イグアインは良くやっていた。時に彼は効果的だったし、不運にも見舞われた。ディバラは引き続きPKを蹴るだろう。彼はリラックスする必要がある。サッカーで常に勝ち続けることは不可能だから。こういった時間は選手が試合に勝つための競争力を磨くことに活用できる」

    ドウグラス・コスタについて

    「彼はいくつかのことはうまくできたが、明らかに彼にはチームメイトのことを知る時間がもっと必要だ。彼は試合の勝者になる必要があるし、もっと多くのことができる」

    チャンピオンズリーグや今後について

    「このような結果は我々が地に足をつけるための良いきっかけとなる。私たちはこのネガティブな結果をプラスにすることに焦点を当てる。グループリーグを抜けだすためにも非常に重要な試合で、勝たなければならない。サッカーでは忍耐力を持つことが必要だ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK