13.10.2017 13:00 - in: セリエA S

    アッレグリ「ラツィオ戦で簡単には勝てないだろう」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はインターナショナルマッチウィーク明けのラツィオ戦前日記者会見に臨んだ

    真価が問われるラツィオ戦

    「8月のスーペルコッパ・イタリアーナは後味の悪い敗戦だった。我々はラツィオに2点先行されて集中を失ったが、後半60分以降の30分間で試合を振り出しに戻すことができた。しかしその後、間違ったやり方でゴールを許してしまった」

    「明日の一戦で我々は少しでもラツィオに余裕を与えてはいけない。彼らは強力で組織されている。相手のミスを生かして優位に立ったり、守備ではスペースを消すことに長けている。シモーネ・インザーギは若い監督のひとりであることを自身の手で証明している。ラツィオのようなクラブで指揮することは簡単ではないと思うが、彼はチームマネジメントの面において確かなクオリティを持っている。今後素晴らしいキャリアを歩んでいくことになるだろう」

    今季の重要な局面に

    「我々の目標は勝つことであり、かつ3月をベストコンディションで迎えることだ。今シーズンはラツィオを含め、我々の相手がユベントス戦での勝利に対する気持ちが本当に強く、これまでよりさらに難しい戦いとなっている。明日のラツィオ戦で何が起こるのか興味深い」 

    「最高なシーズンを過ごすためにも我々はここでギアを上げなければならない。今シーズンここまでの数試合を見ると、我々は特に守備面でさらなる改善が必要だろう。前節のアタランタ戦ではその守備面での集中が欠けていたことで2ポイントを失った」

    ラツィオ戦の招集・先発メンバーについて

    「ブッフォンはプレーするだろう。イタリア代表から良いコンディションでチームに戻ってきている。マンジュキッチの状態も良い。私は彼がクロアチア代表での試合後、フィジカル面で問題を抱えたとは思っていない。彼は練習メニューをこなしているし、明日も問題なくプレーできるだろう。ケディラも先発メンバーに名を連ねるだろう。ベンタンクールの起用についてはまだ決めていない。ディバラは代表ウィークの間、試合に出ていなかった」

    「イグアインはこの2週間、ヴィノーヴォでトレーニングを積んでおり、コンディションは良くなっている。彼はこの1カ月間を充実したものにすることができるだろう。ユベントスでのパフォーマンスの向上、そしてアルゼンチン代表の一員としてのワールドカップ出場に向けて非常に高いモチベーションを持っている」

    「ピャニッチは水曜日に行われるチャンピオンズリーグの一戦から起用する。リスクを冒したくないので明日はプレーしないだろう。マルキージオは全体練習に合流しているが、一部練習ではまだ別メニューで調整している状態だ。デ・シリオ、ヘーヴェデス、ピアツァはコンディションを取り戻すのにまだ時間が必要だ。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK