06.04.2018 15:00 - in: セリエA S

    アッレグリ監督「怒りを持って戦う」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ビアンコネリがベネヴェントに対して良いパフォーマンスを見せるには怒りを利用する必要があると語った。

    傷ついたライオン

    「我々は傷ついたライオンだが、まだ死んではいない。火曜日の夜はチームは60分間は良いプレーをしたが、特に最高の相手と戦うチャンピオンズリーグではあのような試合になることがある。昨年はバルセロナを3-0で破ったが、あの試合では少なくとも2点目を取るまではレアル戦以上に苦しんだし、サッカーとはそういうものだ。敗戦を受け入れて、火曜日の夜に感じた怒りをベネヴェントにぶつけるしかない」

    「試合後に選手が落ち込んでいたのは普通のことだが、水曜日と木曜日、それに今朝も全員が良いトレーニングをこなした。再出発の準備はできているし、優勝に向かって進んでいく」

    ベネヴェント戦で再出発

    「選手たちはナポリへのアドバンテージを保つため、明日は取りこぼしが許されないことを分かっている。ベネヴェントはホームでヴェローナを破り、良いサッカーをしている。チャンスの創出回数では彼らはリーグ10位であり、ミラン戦とレアル戦で我々は枠内シュートを許し過ぎた。守備を引き締める必要がある。シーズン終了まで残り8試合となり、ナポリに差を詰めさせるわけにはいかない」

    「マンジュキッチは調子がよく、クアドラードと同様に先発のチャンスがある。バルツァッリとベルナルデスキ以外は全員が揃っている。明日はブッフォンは休ませ、シュチェスニーが出場する。キエッリーニもおそらく休養させるだろう。ヘーヴェデスは途中から出すかもしれない。イグアインはおそらく休ませるが、まだ決めていない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK