23.01.2018 00:09 - in: セリエA S

      アッレグリ「重要なのは勝利したこと」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「選手たちはハードワークして結果を出した。ブレイク後に勝ち点3でスタートすることが重要だったんだ」  マッシミリアーノ・アッレグリ監督は ウインター・ブレイク後の初戦であるジェノア戦で、勝利を掴むのに苦労したことを認めている。

       ドウグラス・コスタの前半のゴールで勝ち点3を手にしたが、試合までの1週間できついトレーニングをこなしたユヴェントスは終盤にかけて苦戦を強いられた。

       「ブレイク後の1週間は非常にハードで、その負荷を考えれば調子が落ちるリスクは常にあった。終盤は少し疲れがあり試合をうまく終わらせることができなかったので、結果を得るためにやや神経質になってしまった」

      「我々の目標は勝ち点3を得ることだった。選手たちはそれを理解し、とてもハードワークしていた」

      監督は各選手のパフォーマンスについてもコメントしている。

      「すべての選手に言えることだが、今日のマンジュキッチは素晴らしかった。」

      「技術的な点から見て、イグアインは今季のベストに近いパフォーマンスだった。彼は以前よりずっといいコンデションで、ゴールを決めてもおかしくなかった。イッツォにボールをクリアされたのが不運だっただけだ」

      「ベナティアとキエッリーニはよくやっているし、バルツァッリとルガーニも出番があれば同様だ。2人のディフェンダーがより多くプレーする時期があるが、重要なのはチーム全体が共にプレーし、ユニットとしてディフェンスすること。我々はまさにそれを実行している」

      この勝ち点3は、ユヴェントスのいつもの目標であるスクデット獲得に向けて重要になる。

      「今年は我々自身への挑戦だ。7連覇を達成すれば、それはもはや伝説になるだろう」

      「選手はよくやっているし、今日重要だったのは勝つことだった。ナポリから離されず、他のチームを近寄せないために、再開後のスタートをホームでの勝利で飾る必要があったんだ」

      「今はナポリが今はリードしているが、我々は彼らについて行って追い抜くタイミングを待つだけだよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK