05.08.2018 02:06 - in: Tour - Field S

      アセンシオに2得点を許し敗北

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリは先制点を奪ったものの、その後3失点を喫してインターナショナル・チャンピオンズ・カップ最終戦に敗れた。

      後半のマルコ・アセンシオの2得点により、レアル・マドリードが3-1でワシントンDCのフェデックス・フィールドで行われた一戦を制した。

      ビアンコネリはフェデリコ・ベルナルデスキからのパスを左サイドで受けたジョアン・カンセロのクロスが、ダニ・カルバハルのオウンゴールを誘発し12分に先制に成功する。

      しかし白い巨人は39分にガレス・ベイルがペナルティエリア外から左足でボレーシュートを叩き込み、前半の内に同点に追いついた。

      後半に入るとレアル・マドリードが攻勢を強め、47分にヴィニシウス・ジュニオールのパスにマルコ・アセンシオがゴール前で合わせて逆転。

      その10分後には再びアセンシオがペナルティエリア内で巧みなコントロールからシュートを放ち、シュチェスニーはボールに触れたものの止めきることができずにレアル・マドリードが3点目を奪った。

      ビアンコネリはその後のチャンスを決めきれず、試合は1-3のまま終了した。

      それでも4試合で3勝を挙げた2週間のサマーツアーはマッシミリアーノ・アッレグリ監督にとって実りあるものとなり、米国東海岸のファンを喜ばせた。

      チームは今後イタリアに帰国し、8月18日のセリエA開幕戦ヴェローナ戦に備えることになる。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK