06.01.2017 16:00 - in: セリエA S

    バルツァッリ「ボローニャ戦のテストで気を抜かない様に」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    肩損傷の後再び戻ったアンドレア・バルツァッリは、SkyとMediasetのインタビューで、ボローニャとの日曜日のホームでの試合を楽しみにしていると答えた

    回復から、戦いが待ち遠しい

    「私の肩は直ぐに良くなりましたし現在調子が良いですが、最も重要なことは、完全に回復することでした。私は、再び起用されるセレクションの意図と目的に近づいています。自分がチームに多くの貢献が出来ると感じていますが、明確に監督のチーム・セレクションの判断を尊重します。」


    スーパーカップからセリエAへ切り替え

    「例えトロフィー獲得のチャンスに失敗の苦い思い出が残っていても、フットボールにおいて常に前を見なけれないけませんし、私達はそれをしています。負けることが決して良いという意見ではありませんし、決して負け癖をつけないことが重要です。ユベントスが常に勝利を目指さなければいけないのを思い出す必要があります。」


    新年最初の試合は常に厳しい

    「1週間トレーニングのオフ、ホリデイから戻って最初の試合は、フィジカルの点で決して簡単な試合ではありません。しかし、主要な挑戦はメンタルの部分です。完璧な集中に戻し、このクラブでプレーする事の要である勝利のメンタルを取り戻します。

    私達は今週ヴィノーヴォで強くハードワークし、日曜日のボローニャとの戦いへ最高の方法で備えました。」


    ポローニャ戦は慎重に

    「ボローニャは対戦が難しいチームであると良く知っています。私達は彼らとの戦いへ宿題がありましたし、気を抜かない様にする必要があります。

    個人的には、言及される記録に関して多くを考えません。(この日曜日勝利すれば、ユーヴェは、セリエA26試合ホーム連勝記録を達成し、イタリアで前例のない記録になります。)

    長年に渡り私達は多くの目覚しい連勝を挙げてきましたが、立ち止まらず連勝には多くの注意を払いません。明確に私達がやっているこの特別な連勝を続ける事を熱望していないとは言いません。勝ち点3という最高の形で新年を始めたがっています。」


    エル・ヘネラルに感動

    「トマス(・リンコン)が加入してから素晴らしいですし、彼はチームに確実に役割を果たす事ができます。チームのメンバーを後押しする若干の際立った特別な性質がありますし、彼が動きだすのにハングリーだと気がつきました。

    彼はここまで非常に良くトレーニングしていますし、彼が持つ同じ熱意と戦いを示す選手が自分達のためになる事が出来ると私は思っています。」


    ヨーロッパが目的、夢では無い

    「2011年1月に私が加入した時から、最初の数年間、チャンピオンズ・リーグは夢でしたが、私は、現在ユベントスが戦いで勝ち進まなければならず少なくともグループリーグ突破が絶対で準決勝進出に全てをしなければいけないと思います。

    決勝へ再び進出し勝つ事が私達の目的です。もちろん、すべき道です。」


    6度目のスクデットの光景へ

    「私の第一の目的は今シーズン6連続スクデットを持ち上げる事ですし、それは歴史に残ります。私達にとって多くを意味します。

    ご存知の通り、運もあり間違ったタイミングで怪我をしない様に、チャンピオンズ・リーグもあります。プレーには多くの要因があります。

    一方リーグ戦において、連続性と一貫性を示す必要があります。5連続スクデットの後も私達は多くにハングリーです。毎年私達には達成すべき目標が常にありますし、今回は6連続スクデットを奪う事です。それを私達が実現できる事を望みます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK