22.04.2018 23:01 - in: マッチレポート S

    終了間際の失点で敗戦

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    90分のクリバリの決勝点により、セリエA2位のナポリがアリアンツ・スタジアムで1-0の勝利を収めた。

    ユヴェントスは22日、勝ち点4差でセリエAの2位につけるナポリとホームのアリアンツ・スタジアムで対戦した。スコアレスのまま進んだ試合は終了間際の90分にアウェイチームがセットプレーから決勝点を奪い、勝ち点3を手にした。

    試合開始直後の1分、ナポリはハムシクの左サイドからのクロスにペナルティエリア内のインシーニェが合わせてシュートを放つものの、うまくミートせず大きく枠を外れる。その後もユーヴェは不安定な立ち上がりとなり、10分にはベナティアとアサモアがイエローカードを受ける。さらに11分にはキエッリーニが負傷のためリヒトシュタイナーとの交代を余儀なくされた。

    それでも17分、イグアインがペナルティエリアすぐ外でファウルを受けると、ピアニッチがFKを直接狙う。壁に当たったシュートはファーサイドのポストを叩き、惜しくもゴールとはならなかった。その直後のCKはファーサイドのイグアインがボレーで合わせ、シュートはゴール前でディフェンダーにクリアされた。

    その後もナポリがペースを握り、19分にメルテンスが放ったシュートはブッフォンがキャッチ。さらにその2分後に左サイドのマリオ・ルイが上げたシュート性のクロスも、ブッフォンがはじき出してCKに逃れた。

    38分にはディフェンスラインの裏に抜け出してスルーパスを受けたインシーニェがシュートを放ち、ゴールネットを揺らす。しかしオフサイドのためゴールは認められず、前半はこにまま0-0で終了した。

    後半もナポリペースのまま試合が進み、52分にはインシーニェのパスを受けたハムシクがシュート。68分にはインシーニェのペナルティエリア外からのシュートをブッフォンがセーブした。

    一方のユヴェントスは82分にピアニッチが好位置からのFKを蹴るが味方に合わず、ボールはそのまま枠を外れた。

    そのままスコアレスで試合終了かと思われた90分、ナポリはCKにクリバリがヘディングで合わせてゴールを決め、先制点を手にする。ユヴェントスはわずかな残り時間の中で同点弾を決めることはできず、0-1で敗れた。

    この結果、首位に立つビアンコネリと2位ナポリとの差は4試合を残して勝ち点1となった。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK