15.03.2017 16:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ボヌッチ「どのチームでも勝利する自信」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      レオナルド・ボヌッチは、金曜日のニヨンでのチャンピオンズ・リーグでの準々決勝抽選から始め、ユベントスのヨーロッパでの計画を立てます

      恐れない

      「私達は、ヨーロッパでのベスト8クラブの1つですし、出来る限り勝ち進む時です。ここまでレスターはトーナメントのサプライズです。しかし私は次にバルセロナと対戦したいです。2年前トロフィーを争い負けたチームとの対戦は、私達全員にとって大きなモチベーションとなります。

      PSGとの対戦での逆転後、残ったチームの中で最も勢いと信念があると言わなければならないでしょう。

      どのチームを避けたい?バイエルン・ミュンヘンです。どんなところでもアンチェロッティ監督は、試合に勝つ方法を見つけます、グアルディオラ監督の様にです。バイエルンの様なチームにはなんでも起こる可能性がある一発勝負の決勝の方がいいでしょう。」


      今後の微調整

      「技術的なクオリティと経験も同じく、過去数年間クラブに加入した選手の多さからチームに上昇し高まりました。

      全体的に私達は試合を管理し、特定の状況で反撃する方法を改善しました。しかし本当に次のステップを踏むために監督が昨日行った様にポゼッションにおいてより上手くやる必要があります。

      我々は全体的にポルトに対して上手くやりましたが、特にファイナルサードでの決定的なボールに対しずさんでした。」


      新しい形、同じ価値

      「私達の前線の選手の個々のクオリティの全ては、新しいシステムで前面に来ました。私達の多くはこれまで前線で並んでプレーしていませんでした、ですから私達全員フィット出来る事を自分自身で証明するためのポイントを持っていましたし、それは私達がした事です。

      私は、勝利を得た方法がヨーロッパにあるとは思いません。私達が選手として出来る事全ては、最も重要な瞬間で全力を与え、最高の形を生じる準備が出来ています。」


      振り返って
       
      「ポルトで私が出場しなかった事は、チームにポジティブな影響を及ぼし、クラブを支える統一、リスペクト、強さを示す事になりました。私は間違いをしましたし、代償を払いました。こういう事はシーズンの進行上起こります。

      それが仕事上であるかどうかにも関わらず、どの人にも似たような事が日常生活や自宅に感じます。最も重要な事は、ミスに答え学ぶ事です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK