05.03.2017 17:12 - in: マッチレポート S

    ウディネーゼ戦、ボヌッチが勝ち点を得ます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レオナルド・ボヌッチの60分のヘディングでの同点弾で、ユーヴェはウディネーゼに1-1で引き分け、首位として明確な勝ち点8点差を付けます

    日曜日午後、ウディネーゼのダチア・アリーナでビハインドから60分にレオナルド・ボヌッチがヘディングで同点に持ち込み1-1で引き分け、ビアンコネリは、勝ち点8点差で首位としてリードを広げた。

    火曜日のコッパ・イタリア、ナポリ戦劇的な勝利後、中1週間未満での2試合目、結果を出すためにユーヴェは深く戦うことを強いられ、キックオフ前に望んでいた勝利は挙げられなかったが、今シーズンの壮大な目的へ非常に有意な勝ち点になることは間違いありません。

    前日の記者会見でウディネーゼをあなどる事がないように警告し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はおそらく彼にとって最も強い可能性のあるスターティング11を起用しました。しかしユベントスのチャンスは僅かで極めてまれで、相手を脅かす事はありませんでした。パウロ・ディバラのシュートは枠を外れ、オスカル・カルネジスは、ミラレム・ピアニッチのロングシュートを快適にセーブした。

    16分に、ルイジ・デルネーリ監督のチームは、この試合序盤で最高の戦いをし得点を狙います。ヤクブ・ヤンクトのヘッドは枠の外へ、ドゥバン・サパタの近距離のシュートは非常に惜しいプレーでした。

    ちょうど21分後、サパタは左サイドからの素晴らしい均衡を破るゴールでセレブレーション。ユーヴェのディフェンダをかわし、ジャンルイジ・ブッフォンからゴールを奪いウディネーゼは前半のリードを奪った。

    ウディネーゼはこの2チームで明るく後半を始め、レオナルド・ボヌッチは、サパタの力強い走りを止めたが、ボヌッチはピッチの反対側でも決定的な仕事を残します。試合終了30分前、ディバラのフリーキックを頭で合わせゴールのトップコーナーへ納めビアンコネリは同点とします。

    このゴールは試合に流れを作り、ダニーロがブッフォンのポストへヘディングシュートと、運を試します。しかし、ピアニッチとクアドラードが、最終局面でこれをストップします。

    ユーヴェにとってマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを残すボヌッチは再びディフェンスを強いられます。ヤンクトへのサパタのクロスを土壇場で重要なブロックを果たした。ピッチの反対側でボールは、エマニュエル・アギェマン=バドゥがボールを受けたイグアインのボックス内でのシュートをブロックした。

    そして、アッレグリ監督とチームは入り混じった感情でウディネを去りトリノへ帰ります。集中は金曜日夜のユベントス・スタジアムでのミランとの戦いへ向かいます。そこで6連続スクデット・タイトルへリーグ首位としての貢献へ、勝利の道への復帰を目指します。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK