20.02.2017 15:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ブッフォンとカシージャス:名誉とリスペクト

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジャンルイジ・ブッフォンとイケル・カシージャスは水曜日に再戦。今シーズンのチャンピオンズ・リーグで最も興味をそそる戦いの1つを意味します

      サポーター達のお気に入りのスター達のリスペクトと実績へのさらなる賞賛ほど効果的に笑顔を作るものは他にありません。

      同時にクラブでの戦いで他のどの大会でもチャンピオンズ・リーグと同じ情熱とスリルを一貫して火をつけるものはありません。

      そして、ユベントスとポルトの対戦が決まった12月のベスト16の抽選の影響でジャンルイジ・ブッフォンとイケル・カシージャスがtwitterで交わした興奮は当然の事でした。

      UCLオフィシャルページでに掲載されたどのゴールキーパーがベストかという問題に関して、謙虚なカシージャスはブッフォンを選択し、ブッフォンは直ぐにこの2試合の間の最も偉大なキーパー2人の戦いでどちらが上かを選ぶ必要、また方法は無いと答えました。

      むしろ、できる事はこの二人は比類の無い選手達であると認める事です。

      チャンピオンズ・リーグ、最初の決勝トーナメント8試合で行われる戦いのうち、ブッフォンとカシージャスの再戦は、最も興味を多くそそる対戦の1つです。彼らの背番号の様に、ユーヴェの背番号1のいかなる分析と同様に物語ります。

      カシージャスより3歳年上のビアンコネリのキャプテンは、水曜日夜のポルトのエスタディオ・ド・ドラゴンで大陸での戦い145試合出場を果たし、20年以上のキャリアで827試合目です。そして、この妙技は2015年11月にポルトのストッパーが優雅にこの形を作りました。

      最近の自身のUEFAでのインタビューで、14歳のカシージャスは、18歳のブッフォンがパルマ時代にUEFAカップで既に最初のヨーロッパの戦いに出場していた事を14歳のカシージャスは尊敬しており、「私は、(ブッフォンの)スタイルと個性を見る事ができました。私が育った時、彼をリスペクトしましたし、一緒に成長し似たようなキャリアがありました。イタリア・カルチョは彼の様なゴールキーパーがいないと私は思います。」とコメントしました。

      それ以来、2人の選手は、彼らそれぞれの国の代表のリーダーとして、2006年ドイツでブッフォンのイタリア、2010年南アフリカでのカシージャスのスペインとしてそれぞれワールドカップを含む42の主要なタイトルを獲得し続けました。

      彼らそれぞれのキャリアからこの二人の間の全ての戦いは大きな重要性があると思いがけない事ではありません。

      今週の北ポルトガルでの対戦、この対戦の重要性のため前回の対戦を合わせて、2人のレジェンドなキーパーがどちらもビアンコネリが勝利した2度の準決勝と準々決勝を含むチャンピオンズ・リーグで共にフィールで戦う9回目を祝います。

      たとえ何が水曜日夜ポルトで起きても確実な1つがあります。この2人のレジェンドは、争いの後、試合終了と共に旧友として抱き合い、お互いへのリスペクト、終わる事の無い成功と賞賛を特徴とする物語の最新の章を書く事になります。

      ベストの男が勝利するでしょう…

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK