19.11.2017 19:10 - in: セリエA S

    キエッリーニ「考える時間」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「このような敗北は考えるべきだ。我々は2-0で勝つべきだった。しかし、90分後には3-0になってしまっていた」

    「ここ数ヶ月、私たちは試合に間違ったアプローチをしてしまった。ただ、今日は少なくとも70分間はコントロールしていた試合を落としてしまった。これは何よりも最初に考えなければならないことだ」

     

    「我々はコンパクトを保ち、タイトに最後の1インチの部分で戦いすべてのボールをごみにする必要があった」とキエッリーニは強調した。「昨シーズン1月にフォーメーションを変更した際、我々は状況を変えソリッドになっていた。今年は発生した問題を解決する能力が欠けているということを理解しなければならない。引き分けた試合や負けた試合も我々は長い時良いプレーを見せたし、今日もそうだった。90分後に3-0になったのを見て、2-0でリードしていなければいけないと思った。前半と後半の一部をコントロールした結果がこれだと思うと、笑ってしまった」

     

    いくつかの不運にも関わらず、キエッリーニは敗北の責任から逃れようとはしなかった。「今日は運がなかったが、それを言い訳には出来ない。言い訳に固執する人間は弱く、商社ではない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK