17.08.2018 09:45 - in: チーム S

      今までありがとう、クラウディオ!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      25年間白と黒のユニフォームを身にまとってきたクラウディオ・マルキージオが、ユヴェントスを退団することが決定しました。

      ユヴェントスはクラウディオ・マルキージオと契約の解除について合意しましたので、お知らせします。

      クラウディオが初めて白と黒のユニフォームに袖を通してから、25年が経ちました。当時彼は7歳で、ホームタウンのクラブでプレーする意欲に溢れていました。

      彼の夢は同じユニフォームを着て何万人ものファンの前でプレーし、タイトルを目指して戦うことでした。

      ユースチームでの成功のあと、才能豊かなMFは最も困難なセリエBでのシーズン中にデビューしています。その後エンポリに期限付き移籍したクラウディオはトリノに戻り、輝きを放つためのチャンスを掴んだのでした。

      クラブで決めた37ゴールの最初となるフィオレンティーナ戦での初得点後も、クラウディオは決して過去を振り返りませんでした。彼はいつも、もっとゴールを決めないといけないと言い続け、2011/12シーズンの2桁ゴールによってそれを実現しています。

      なによりも勝利を目指したクラウディオは、イタリア・スーパーカップを3回、コッパ・イタリアを4回制し、7シーズン連続でスクデットを獲得。クラブの歴史を書き換えました。

      またユヴェントスでの389試合出場は、クラブで18番目の記録となっています。

      一つ一つの試合、ゴール、タイトルによって、彼の少年時代の夢は叶っていきました。私たちもクラウディオとともにそれを体験し、彼が人として、夫として、父親として毎年成長していく姿はビアンコネリにとって誇らしいものでした。

      地元育ちのチャンピオンである彼の冒険に寄り添うことは、私たちの喜びであり栄誉でした。

      今後どのユニフォームを着るにしても、私たちは彼の活躍を追い続けます。白と黒のストライプは、いつも彼の一部であり続けるからです。

      今までありがとう、クラウディオ!今後の幸運を祈っています!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK