16.07.2018 19:30 - in: イベント S

    ロナウド「ビアンコネロとして」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユヴェントスに加入したクリスティアーノ・ロナウドが月曜日、アリアンツ・スタジアムで記者会見に臨んだ。
    ここに来られて光栄

    「ユヴェントスに加わるのは、簡単な決断でした。イタリアの素晴らしいクラブであり、世界でも最高のクラブのひとつです。勝利を積み重ねてきた監督と会長もいます」

    「ユヴェントスが7シーズン連続でスクデットを獲得しているのも、偶然ではありません。クラブが私を欲しがってくれたことを光栄に思っていますし、クラブをより高いレベルに導きたいです。ユヴェントスの歴史を残したいと思っています」

    新しいチャレンジ

    「ここには新しいチャレンジのために来ました。キャリアのこの段階で、このようなビッグクラブに加入できることは非常に嬉しいですし、チャンスを与えてくれたユヴェントスに感謝します」

    「私は野心的な選手です。居心地のいい場所にとどまって、過去の成功を振り返るつもりはありません。常に集中して前を向き、トレーニングで努力を続けて再びトッププレーヤーであることを証明します」

    スタンディングオベーション

    「(チャンピオンズリーグでのオーバーヘッドで)スタンディングオベーションを受けたことは、私にとって驚くべき瞬間でした。新しい冒険を始めるにあたり、ファンを喜ばせるためのより一層のモチベーションになります」

    UCLへの野心

    「チャンピオンズリーグは全てのクラブが勝ち取りたいと思うトロフィーであり、最近惜しいところまで行ったユヴェントスも例外ではありません。勝つのが難しい大会ですが、このチームが成功するためにベストを尽くします。このクラブに幸運をもたらせることを願っていますよ」

    バロンドール

    「バロンドールについては今は考えていません。もちろん最高の選手でありたい、受賞したいという気持ちはあります。うまく行けば今年も受賞できるかもしれません。それは成り行きに任せますし、将来は明るいと信じています」

    新シーズン

    「移籍の前にアニェッリ会長とは素晴らしい話ができました。今日は新しいチームメートとアッレグリ監督とも対面する機会がありました」

    「トレーニングには7月30日に合流し、セリエAの開幕戦に出場したいと思っています。始まりが待ちきれないですし、まだ自分がトッププレーヤーであることを証明するための高いモチベーションがあります。全てのトロフィーに向けて戦いますよ」

    明るい未来

    記者会見の中で、ファビオ・パラティチSDは、クリスティアーノ・ロナウドの加入について以下のように語った。

    「マネージメントチームを代表して、『ありがとう』と言いたいと思います。クリスティアーノの加入を喜ぶ我々の選手たちから、多くのメッセージを受け取りました。クラブの全員が喜んでおり、この移籍はクラブにとってより高いレベルを目指すための重要な一歩になると信じています」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK