22.06.2018 11:00 - in: FIFAワールドカップ S

    クロアチアとフランスがベスト16へ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マリオ・マンジュキッチ、マルコ・ピアツァ、そしてブレーズ・マテュイディの3人がワールドカップ決勝トーナメント進出を決めた。

    クロアチアとフランスの勝利により、ビアンコネリの3人がワールドカップのベスト16進出を決めた。

    ブレーズ・マテュイディのフランス代表は、ペルーを1-0で下した。34分にこの試合唯一のゴールをキリアン・ムバッペが決めている。

    第1戦では後半から途中出場したマテュイディはフル出場を果たした。

    一方、マリオ・マンジュキッチとマルコ・ピアツァのクロアチアはパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのアルゼンチンを3-0で破り、次のラウンドへ駒を進めた。

    クロアチアは58分にアルゼンチンのGKウィリー・カバジェロのミスからアンテ・レビッチがボレーシュートを決め、ルカ・モドリッチが試合終了10分前にミドルシュートで追加点を奪った。その後さらにイヴァン・ラキティッチがダメ押しとなる3点目を決めている。

    マンジュキッチは90分プレーした後の終了間際に交代し、ピアツァは出番がなかった。イグアインとディバラはともに後半に途中出場している。

    大会初勝利を目指すドウグラス・コスタ

    初戦でスイスと引き分けたブラジルは、コスタリカ戦で今大会初勝利を目指す。ドウグラス・コスタは第1戦では出番がなかったが、この試合でワールドカップ初出場を果たせるか。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK