02.11.2017 16:30 - in: セリエA S

    デ・シリオ「90分集中を保たなければならない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スポルティング・リスボン戦で復帰を果たしたマッティア・デ・シリオは試合全体を通じて集中を保つことの重要性を再認識している

    マッティア・デ・シリオは自身の復帰初戦となったUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のスポルティング・リスボン戦を終えて、試合開始から終了まで高いレベルでの集中力を保つようにしなければならないと、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』を通じて語っている。

    またデ・シリオはチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節バルセロナ戦での負傷以来、49日ぶりにピッチに立ったことに満足しているものの、チームに完全にフィットするためには更なるハードワークが必要であると感じているようだ。

    スポルティング戦を振り返って

    「状態は良いし、この一戦に臨む2週間前から全体トレーニングを積んでいる。しかし今はコンディションを万全にするためにも試合に出場し続ける必要がある」

    「スポルティング戦の前半は良くなかったし、それもあってグループステージ突破のチャンスを逃してしまったけど、後半は一気に良くなったし同点に追いつくことができた。この一戦はまさに我々に対して試合開始から終了まで集中を維持することが重要であると説いてくれた」

    アッレグリ監督による助け

    デ・シリオはここ数週間に渡るマッシミリアーノ・アッレグリ監督のサポートに感謝しているようだ。

    「監督は落ち着いて、自分ができる最大限のプレーに徹するように言ってくれた。僕はリラックスするように努め、ハードワークとリカバリーを行った。だからチームを助けることができたと思う」

    ユベントスが成功し続ける理由

    ユベントス1年目であるデ・シリオはユベントスのクラブ精神に衝撃を受けたようだ。

    「僕がユベントスにやって来てすぐに、ユベントスがスクデット6連覇を成し遂げた理由が分かった。全員がハードワークを行い、プロフェッショナル精神に満ちており、そして細かい点まで注意を払っている」

    今季の最大目標

    デ・シリオは今季の最大目標について、スクデット7連覇を達成すべくチームを助けることだと語っている。

    「来年6月のワールドカップの舞台に立ちたい。今はただ自分の改善に努め、チームにフィットするためにもハードワークを行い、そして監督からメンバーに選ばれるようになりたい」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK