24.01.2017 15:15 - in: チャリティー/CSR S

      スポーツでの差別:ユベントスは、マドリッドで方法を示す

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アンドレア・アニェリ会長は、フロレンティーノ・ペレスとジョセフ・マリア・バルトメウとマドリッドでUNESCOでの人種差別反対キャンペーン「Sin Respeto No Hay Juego(リスペクトの無い者に試合は無い)」に加わります

      「この研究の共有と認識を最大にし、先例に従い他のトップチームへ従うように説得し、我々が描いた結論へ行動します。」

      これらは2015年11月27日のパリのユネスコの本部でのアンドレア・アニェリ会長の言葉です。先駆的な「Colour? What Colour?(色?なんの色?)」を通して、ユネスコはユベントスにより資金の助成を見積もり世界的なフットボールのレベルで人種差別反対へ取り組むことでクラブは役割を示しました。

      そして、ちょうど2016年2月に関係書類をヨーロッパ・クラブ協会(ECA)に提出し1年未満で、ユベントスの会長の言葉は「Sin Respeto No Hay Juego(リスペクトの無い者に試合は無い)」として具体的な形をとなり、新しいキャンペーンで「Colour? What Colour?」の働きを追求し、今日マドリッドで示された。

      このプロジェクトは、グルッポ・プリーサによって開始され、UNESCOと協力となり、スペインのトップクラブ、レアル・マドリッド会長フロレンティーノ・ペレスとバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長、UNESCO社会・人間科学部長ナダ・アルナシフ、グルッポ・プリーサCEOフアン・ルイス・チェブリアンも出席し火曜日に示され採用される予定です。

      「「Colour? What Colour?」レポートの目的は、国際レベルでのスポーツにおいての差別を分析です。そして、より大きな統合を促す処置を提案します。」とビアンコネリの会長はコメントしました。「これを達成するために、サポーターにとって我々はスポーツの協会とクラブのサポーター全員を必要とします。我々のサポーターへ最高のお手本を見せることが我々の義務です。今日、ここに存在する全ての支援で人種差別を断り、スポーツにおいてより大きな統合と相互リスペクトを行うことはより簡単となります。」

      マドリッドでののアンドレア・アニェリ会長は、この問題に対するユベントスの関わりの認識の更なる兆しを前述の「Colour? What Colour?」という主導で表します。

      UNESCO社会・人間科学部長ナダ・アルナシフは、「特別な感謝をユベントスとアニェリ会長へ送りたい」とコメントしました。「過去3年に渡る仕事は、我々の異なる文化と結婚したユニークなパートナーシップの創造に影響を与え、価値観の共有、意志の強さ、信念、この問題に対する継続的な関わりを通じてこれを可能にします。

      「Sin Respeto No Hay Juego」は、国際レベルでのフィールドの外のプロジェクトを促進しユベントスの働きで達成します。しかし、カデナ・セリン・ラジオの支援と連帯を通じ、更なるつながりでスペインの10歳から12歳の子供たちを対象とするプロジェクトも行われています。

      最終的に、次世代の若者の教育を通じ、差別はリスペクトと寛容性と統合と入れ替わります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK