17.02.2017 22:57 - in: マッチレポート S

    ディバラの2得点!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マルキジオ、ディバラ、イグアインが、ユベントス・スタジアムでのパレルモ戦勝利を導きました

    レオナルド・ボヌッチがユベントスでの300試合出場を果たした夜、金曜夜のユベントス・スタジアムでこの記録に対する正義を肯定する結果を出した。

    クラウディオ・マルキジオのシーズン初ゴール、パウロ・ディバラの美しい2得点、ゴンサロ・イグアインの10試合12得点でパレルモに勝利し、リーグ戦29試合ホーム連勝を順当にビアンコネリは手にした。

    新年は、ユベントスの稲妻のようなスタートが特徴となり、前回優勝チームは、ハーフタイム後に駄目押しの得点を重ねる前に前半2-0のリードを奪い、ホーム観衆は、早々に花火を見ることになった。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手たちは、8分に最初の攻撃、マルキジオが左足でシュートを放ちゴール・キーパー、ヨシプ・ポサヴェツからゴールを奪い、ディバラのフリーキックが、パレルモを襲い優位に試合を進めます。

    格下のパレルモは、短時間でリードを乳母わあれ、即座に同点へは持ち込むことが不運にもできませんでした。ユーヴェで443試合目の出場となったジャンルイジ・ブッフォンとユーヴェ・ディフェンダーは2度サイドを突破されるもクワドォ・アサモアが2度ノルベルト・バログを止めた。

    前へ進もうとするパレルモ、自信を付け初めた時、この流れを止めるのは元チームメイトでした。アサモアのアクロバットな土壇場のクリアから、元パレルモのディバラの止めることの出来ないフリーキックは壁を越えネットを揺らした。

    後半が始まり、チャンピオンはパレルモのモチベーションを搾り取ります、後半開始から27分でゴンサロ・イグアインが3点目を奪い試合を決定付けます。

    ディバラの性格なパスが通り、自身が2017年のヨーロッパのフットボールにおいて最も形を持つセンターフォワードとしている理由をイグアインは示し、セリエA10試合で12得点目をポサヴェツから奪った。

    戦意を失うパレルモから、ディバラが90分を前にこの夜2点目を奪うチャンスがあった。そしてボックス端からストライカー・パートナーのスマートなヒールパスから得点を奪った。

    イルバリョ・チョチェフの後半のゴールは、ユベントスの楽しい夜を失わせることはできなかった。

    次は?チャンピオンズ・リーグ、ポルト戦です。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK