13.03.2017 20:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ディバラ「私達は勝ち進めます」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パウロ・ディバラは、ユベントスが今シーズンのチャンピオンズ・リーグで優勝候補として考慮される証明ができると思っていますが、はじめにポルト戦です… しかし、最初、ポルト...

      準々決勝への集中

      「どの様な戦いでも同じ集中でどんな試合へもアプローチします。ミランに勝利し、士気が高い良い状態でこの試合に臨みます。

      バルセロナ?あの試合から学べる唯一の事は、試合において当然の事を思ってはいけないという事です。バルサの様なトップ選手は、プレーで結果を達成できる様にしますが、最後まで戦いたいという思いがあれば、何でも可能です。」


      ポルト戦へのゲームプラン

      「ポルトは厳しい戦いを仕掛けてきます、彼らが今シーズン、すでにイタリアで勝利を挙げている事を忘れない様にしましょう。ポルトガルでのファースト・レグとは、非常に異なる戦いになるでしょうし、明日の夜に本当の挑戦になると期待しています。

      失点は、決して私達のプランにありませんが、ポルトが早々に得点を奪うなら、冷静に確実に逆転する必要があります。

      私達のチームにはインターナショナル・レベルのディフェンダーがいますし、チームとして弾力的にディフェンスします。この試合への準備は非常に良く行いましたし、どうやってポルトに何もさせず、反対に自信のチャンスを作るかという良いアイデアが私達にはあります。」


      UCLの夢

      「クラブでのちょうど2年目に、私の年齢でチャンピオンズ・リーグに勝利する事は素晴らしいでしょう。これは皆が共有する夢です。ここには、勝利したいと思う人と既に優勝した選手もいます。どの様な方法でも、私達が勝ち進みたいという思いは非常に強いです。

      私はこの大会でより多くのゴールを挙げ、出来るだけ大きな影響を作りたいですし、私達がこの勢いで決勝へ勝ち進むなら、それを気にせず嬉しいです。

      私は自分の特徴に合う役割でプレーしています。監督が私に頼んだ戦術的な変更がない間非常により良いです。ラインの間でボールを受け、チームメイトのためにプレーをするのが好きです。」


      高く飛ぶユーヴェ

      「チャンピオンズ・リーグのこのステージに達したチームはどのチームでもトロフィー獲得へ続くクオリティがあります。もし彼らの上でなくても、私達は今ヨーロッパのトップクラブと同じレベルのプレーをします。
       
      私達はリーグのトップです、UCL準々決勝進出へ大きなチャンスがありますし、コッパ・イタリア決勝へあと一歩です。」


      「ミラン戦?私のキャリア最大の瞬間」

      「90分を戦った後のミラン戦でのPKは、多分ここまで私のキャリアでも最大の瞬間で、事実ドーハでのPK失敗という事実を乗り越えるため、与えられたファウルは私のステップとなりました。ネットを揺らした瞬間は忘れられません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK