30.11.2018 11:30 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「大きな週末」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      指揮官はフィオレンティーナ戦について「相手は高いモチベーションで、私たちを倒すために全力で挑んでくるだろう」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はスタディオ・フランキで難敵と対戦する今週末が、セリエAの優勝争いにとって重要な意味を持つと考えている。

      ビアンコネリがフィレンツェに向かう一方、ナポリとインテルはそれぞれアタランタとローマに遠征する。

      「難しい試合になるだろう」と監督は金曜日にメディアを前にして語った。「フィオレンティーナは若く技術的に優れた若手がおり、よく訓練された優れたチームだ。まだホームでは負けておらず、14得点3失点の成績を残している。しかも彼らにとっては今年一番重要な試合なので、高いモチベーションで私たちを倒すために全力で挑んでくるだろう」

      「上位チームがアウェイで難敵と対戦するので、これは重要な週末になる。忍耐強く、フィレンツェでの試合は最後まで気を抜けないことを覚えておかないといけない。明日は町全体が彼らをサポートするだろう。強い気持ちを見せて技術を発揮する必要がある」

      チーム選考

      アッレグリ監督は火曜日にバレンシアを破ったチームに変化を加えることを明かしたが、詳細までは語らなかった。

      「バレンシア戦はタフで密度の濃い試合だった。明日はメンタルとフィジカルのエネルギーが必要になる」

      「ベルナルデスキは復帰したが、ケディラは欠場する。おそらくアレックス・サンドロも出られないだろう。左サイドバックはデ・シリオかカンセロで行く」

      「エムレ・ジャンは昨日チーム練習の一部をこなした。ドクターと話して、ベンチに入れるかを決めるよ」

      「バレンシア戦と同じスタメンにはならない」

       

      FW陣について

      監督は攻撃のオプション、特に最近3試合でユーヴェの全ゴールを挙げているクリスティアーノ・ロナウドとマリオ・マンジュキッチについての質問に答えた。

      「サッカーはシンプルなものだ。選手たちの連携が良い時は、全てがうまく行く。前線の3人はバレンシア戦でよくやった」

      「ディバラのゴールが少ないのは事実だが、彼は中盤と前線の繋ぎ役であり技術によって困難な状況を打開できる。その結果としてチームに貢献している」

      「私は常に、彼のスキルを考えればピッチの全てのエリアに関わるべきだと言ってきた。今季のスタートから多くのチャンスがあり、昨年ほどゴールを決めていないがチームにとって重要な役割を担っている。同じポジションでプレーしているが、前線にもう一人選手がいるんだ。彼のパフォーマンスには満足しているよ」

      「私たちにはリーグ最高の攻撃陣がいる。まだ4-0での勝利はないが、完璧なものなどないからね」

      監督の目標

      監督はチームの短期的、そして長期的な目標についても語っている。

      「常に高いレベルを目指し、毎日自分たちを追いこまないといけない。これまでは全てがうまく行っているが、結果に満足せずに進んで行く必要がる。フィジカルもメンタルも最高の状態で3月を迎えたい」

      「短期的な目標は12月29日を首位で、可能であれば大きな差をつけて迎えることだ」

       

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK