16.02.2017 00:20 - in: セリエA S

      スタジアムでの金曜日夜の明かり

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリは、金曜日のユベントス・スタジアムでの戦い、週末前の対戦は合計6勝を挙げています

      金曜日の仕事の後、チャンピオンを見るためにユベントス・スタジアムへ向かうより、良いものはありますか?

      パレルモ戦へあと2日、勝利した重要なリーグ戦2015年2月アタランタ戦と2016年3月のサッスオーロ戦の2試合に続くビアンコネリ・サポーターへ3度目の機会となります。

      両試合は、ゴールのクオリティに関して少なくともエンタテインメント性がどちらも不足する事はありませんでした。

      サッスオーロ戦から振り返ります。シーズンの前後関係から、重要性はわずかに小さくなるものの、パウロ・ディバラのペナルティ・エリア右端から素晴らしいシュートを放ち、シモーネ・ザザが私達の年末賞のポストをピックアップした。

      その夜、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、パウロの最新のゴールを祝い、10試合連続セリエA無失点も果たし、イタリアのトップ争いで新記録となり19試合18勝目となります。

      その1年前、金曜日の夜のマジックを確保したのは、ユベントスの背番号21をつけた選手次第でした。アタランタのジュリオ・ミリアッチョの早々のゴールとフェルナンド・ジョレンテのゴールがビアンコネリとアタランタの戦いの最初の45分を均衡した戦いとするも、イル・マエストロは他のアイデアを持ち込みます。

      ピルロの素晴らしいシュートは、どんな試合でも勝利へ十分良いものとなった。

      振り返ると…

      ユベントスの最も重要な週末前の戦いは、ユベントス・スタジアムを離れた、1997年5月の戦いでしょう。

      翌週のチャンピオンズ・リーグ決勝ボルシア・ドルトムント戦へ向かう前に、勝ち点1が24回目のスクデット・タイトルを決めるのに十分としてマルチェロ・リッピ監督のチームはベルガモへ向かいました。

      早々のアタランタのフィリッポ・インザーギのゴールは、スクデットを脅かすもマルク・ユリアーノのハーフタイム10分後の近距離でのゴールは、タイトルへ名前を刻むものとなった。

      今回の金曜日の戦い7試合目での勝利は即座にスクデットへ影響はしないが、6連続リーグ戦勝利から2位のライバルに対し勝ち点7のアドバンテージを保ち、来週のチャンピオンズ・リーグでのポルト戦へ勢いをもたらします。多くのプレーがあります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK