17.03.2018 23:07 - in: マッチレポート S

      フェッラーラでの一戦は引き分けに終わる

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスはSPALのゴールを破ることができず、スコアレスドローで試合を終えた。

      ユヴェントスは17日、インターナショナルブレイク前の最後の試合となるアウェイでのSPAL戦に臨んだ。3日前にアタランタ戦をこなしたばかりのチームは先発を2人入れ替え、デ・シリオとアレックス・サンドロがスターティングメンバーに入った。

      最初のチャンスは11分。ドリブルで右サイドから切り込んだドウグラス・コスタのラストパスからアレックス・サンドロがゴールを狙うが、シュートはディフェンダーにブロックされた。

      更に17分には、ディバラが右サイドから左足でカーブを掛けたシュートを放つ。しかしこれも惜しくもゴールの枠を捉えることはできない。

      水曜日にアタランタ戦をこなしたばかりのビアンコネリは疲れもあるのか、その後はなかなか決定機を作り出せず。それでも前半終了間際にはペナルティエリア近くでディバラが倒されてフリーキックを得る。ディバラ自身が左足で狙ったシュートは、僅かにゴール上に外れた。

      結局前半はそのままスコアレスで終了した。

      後半立ち上がりの50分、ドウグラス・コスタが右サイドから左足で放ったシュートはゴールキーパーにセーブされる。その5分後にはキエッリーニがドリブルで前線に攻め上がり、 最後はディバラがシュートを放つが枠を捉えられない。

      SPALにチャンスを与えないながらも、なかなか決定機を作り出せないユーヴェは81分、 ドウグラス・コスタの右サイドからのクロスにゴール前でマンジュキッチが頭で合わせる。しかしこのシュートもゴール左に外れてしまう。

      88分のアレックス・サンドロのペナルティエリア内からのシュートもGKメレトにセーブされ、結局ビアンコネリは均衡を破れないまま試合終了のホイッスルを聞いた。

      18日に試合を行う2位ナポリとの勝ち点差は5に広がったが、セリエAでの連勝は12で止まることとなった。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK