29.03.2017 10:20 - in: FIFAワールドカップ S

    代表戦: ボヌッチとクアドラードの得点

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レオナルド・ボヌッチとフアン・クアドラードのゴールが、この夜のユベントスの代表スターの戦いでの話題となります

    昨晩のユベントスの選手の代表での戦いは、親善試合、ワールドカップ予選の最後のラウンドとなり、南米とヨーロッパでのプレーがあった。

    ホームの近くから始めましょう。火曜日夜の最大の勝者は、レオナルド・ボヌッチとイタリアです。ユーヴェの背番号19は、アムステルダム・アレーナでのオランダ戦で全白m早々に完璧な素早い近距離からのゴールでネットを揺らした。

    ボヌッチどディフェンスの同僚ダニエレ・ルガーニが90分フル出場し、オランダの首都で2-1の快適な勝利を挙げ、キャプテンのジャンルイジ・ブッフォンはジャンルイジ・ドンナルムンマが出場したため休んだ。

    この日早々のヨーロッパでのキックオフ、クロアチアは、タリンでエストニアと戦い3-0で敗北、マルコ・プヤカは66分に怪我で退場し交代となった。

    太平洋を渡り、フアン・クアドラードのコロンビアは、アウェイでエクアドルに2-0で勝利しCONMEBOLワールドカップ予選でウルグアイとアルゼンチンを超え2位となった。クアドラードは、得点も挙げたレアル・マドリッドのハメス・ロドリゲスの素晴らしい仕事の34分後に6ヤードから得点を挙げ、ホセ・ペケルマン監督のチームに大きな勝ち点3を収めた。

    一方、トマス・リンコンベネズエラは、サンチャゴでアレクシス・サンチェスが活躍したチリに3-1へ負け、グループ最下位から抜け出せません。アーセナルのフォワードは、エステバン・パレデスの2得点において重要な役割を果たす前に、衝撃なFKで前進させた。

    端から端までの戦いとなった後半、ウェスト・ブロムのサロモン・ロンドンが失点を減らし、ユーヴェのリンコンがバーを叩くシュートがあった。パウロ・ディバラは出場はなかったがラパスで格下のボリビアに、2-0の負けアルゼンチンにショックを与えた。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK