26.09.2018 00:10 - in: セリエA S

      「成熟した」戦いに満足するアッレグリ監督

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「慢心することなく、正しいアプローチで試合に臨むことができた」と2-0の勝利後にアッレグリ監督は語った。

      水曜日の夜、ビアンコネリの選手たちはこうした試合を甘く見ないように、というマッシミリアーノ・アッレグリ監督の指示を忠実に実行した。

      「この試合のアプローチに非常に満足している。慢心はなく、勝利を確信したような態度もなかった」と指揮官は語る。

      「後半はボールを失ってしまう場面がやや多すぎたが、全体的には改善している」

      「一緒に時間を過ごすほど、お互いを知り相互理解を深めることができる。チームは成熟したパフォーマンスを見せた。試合を読み、ボールをキープするべき時が分かっていた」

      「バレンシア戦の勝利は大きな自信になったが、フロジノーネ戦は苦戦した。2つのビッグゲームが近づいているので、改善するべき点は多い」

      アッレグリ監督は3-5-2システムを採用した理由を述べ、選手たちを称えた。

      「今回はこのフォーメーションがベストだと思ったので採用した。既に消耗する試合をいくつも戦っており、何人かを休ませる必要があった。フレッシュな選手も起用したかったしね」

      「ディバラは調子を上げるためにプレー時間が必要だった。彼は素晴らしかったけど、それは彼だけではない。ペリンは良いデビューを果たしたし、バルツァッリとベンタンクールも印象的な活躍を見せた」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK