14.03.2017 22:50 - in: マッチレポート S

    ユーヴェ、準々決勝へ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    パウロ・ディバラの前半のPKは、ビアンコネリがチャンピオンズ・リーグ準々決勝進出へ、ユベントス・スタジアムでのポルト戦合計3-0の勝利を確保した

    ビアンコネリは、火曜日夜にチャンピオンズ・リーグ準々決勝進出を果たしました。パウロ・ディバラの41分のPKがこの夜のポルト戦1-0の勝利を導き、合計3-0の最終結果を手にした。

    ポルトガルでのファースト・レグで2-0のリードを奪ったが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はトリノでのリターンマッチにおいて安心感について警戒し、選手達は騒がしいユベントス・スタジアムで順当に戦いました。開始10分で、2度イケル・カシージャスのゴールを外れるパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのシュートなど、幾つかのシュートがありました。

    最終的に、経験豊かなスペイン人キーパーは、23分にセーブを強いられます。フアン・クアドラードのクロスからマリオ・マンジュキッチが強力なヘディングシュートを放つもこれはカシージャがセーブした。

    そして、ユーヴェはチャンスを持ち続け、イグアインがディバラへボールを送るも、数ヤードボールは外れ、足元へボールを送ることが出来なかった。

    観客は拍手を送ったプレーとしてディバラは、37分にくらくらするようなドリブルを右サイドでディフェンダーを欺きコーナーを得る、マンジュキッチがこれを頭で合わせるも僅かに外れた。

    このすぐ後、メディ・ベナティアが次に枠へ頭で合わせ、イグアインのシュートはマキシ・ペレイラの手に当たり、このプレーでレッドカードでペレイラは退場しPKを獲得、ユベントスはハーフタイム前にアドバンテージを取ることを確認します。

    4日前のミラン戦の英雄となったPKの記憶は新しく、ディバラは落ち着いてカシージャスからPKを成功させ、彼のキャリアでチャンピオンズ・リーグで3得点目を挙げた。

    合計3-0となったが、ポルトは10人で残りの試合を戦い、後半山に登るように戦い、49分にブッフォンとの1対1でフランシスコ・ソアレスがシュートも枠を外れた。

    そのプレーに耐え、ユーヴェの無失点(今シーズンのチャンピオンズ・リーグ8試合で6試合目となった)は、危険に晒されてはいませんでしたし、2得点目を奪えたかもしれません。マルコ・プヤカがターンし深く戦いピピータが数分後正しいシュートでゴール目前とした。

    ポルトは最終的に慰めのゴールを試み、ディオゴ・ジョッタは終盤のシュートでサイドネット外を揺らした。

    ユベントスは失点せず、この仕事を上手くこなし、今週金曜日の準々決勝へのニヨンでの抽選へ鋭い予想を持ちます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK