08.02.2017 20:12 - in: マッチレポート S

      クロトーネ戦でユーヴェは、勝ち点7差をつけます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・マンジュキッチとゴンサロ・イグアインの後半のゴールは、ユベントスがアウェイでのクロトーネ戦2-0勝利を導きます

      水曜日夜、カラブリアのスタディオ・エツィオ・スチーダで2-0でクロトーネに勝利し、ビアンコネリはセリエA順位表で勝ち点7点差で首位となりました。

      前半のプレーは強く対戦相手に迫り多くチャンスを作ったが点を奪うことができなかった。マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、最終的に、60分にマリオ・マンジュキッチが先制点を挙げ、ゴンサロ・イグアインが14分後に追加点を奪い、今シーズンリーグ戦16ゴール目とした。

      今夜の戦いは、ここまでアッレグリ監督が採用した4-2-3-1のフォーメーションで5戦連続勝利となり、ユベントスは前半見事に戦い、プロセスで幾つか注目すべき可能性を切り開きました。

      最初にイグアインがボックス端からレオナルド・ボヌッチのボールを拾いシュートを枠の外へ放ったそして、ピピータは、さらに素晴らしいフットワークを見せ、パウロ・ディバラのパスを受け、力強く低いシュートを放つもクロトーネのキーパー、アレックス・コルダーツがうまくブロックした。

      ハーフタイム前に絶え間ない脅威を与え、イグアインは、ディバラの巧みなパスから数本のシュートを放ち、ボレーは残念ながらコルダーツがブロックした。

      ビアンコネリが試合を奪うためにプッシュし続け、45分にディバラのチップがコルダーツの上を越え、ゴールに近づくも、ジャンマルコ・フェッラーリはゴールラインの位置でクリアした。

      ユベントスで初めて先発したマルコ・プヤカは前、良い前半を楽しみ、ハーフタイム後も忙しく戦った、マンジュキッチの足元へ、ドリブルからパスも、オフサイドの判定となった。

      しかし、この5分以内にマンジュキッチは、先制点を祝います。角度のあるところから、クワドォ・アサモアのヘディングをマンジュキッチがパスを受け、コルダーツからゴールを奪った。

      終了まで残り15分、トマス・リンコンがピピータに素晴らしいボールを送りディフェンスを抜くと、ユベントスはリードを2点にします。キーパー前から、ネットを揺らし、セリエAアウェイ戦直近4試合で5ゴール目を奪った。

      ビアンコネリは、このポイントから、試合をコントロールし進めます。ミラレム・ピアニッチが85分に3-0に近づきます。アンドレア・バルツァッリの右ウイングからのクロスをシュートもゴールにはならなかった。

      このスコアは、新たな快適な素晴らしいパフォーマンスの後順当となったが、最も重要なことは、勝ち点3でトリノへアッレグリ監督とチームが戻り、今週日曜日にサルデーニャへのアウェイ戦(20:45CET 日本時間4:45キックオフ)へ向かうという事です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK