07.12.2018 23:30 - in: セリエA S

      チームのパフォーマンスを称えるアッレグリ監督

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      試合後、指揮官は「試合に勝つことが重要だった。目標に勝ち点3近づくことができた」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、金曜日のイタリアダービーでインテルを相手に1-0の重要な勝利を収めたチームを称えた。

      「今夜は効果的かつ冷静である必要があった」と監督は言う。「インテルの攻撃的ミッドフィールダーへの対処が問題を引き起こしていた。前半30分以降はは相手陣内にボールを運ぶために忍耐強さを見せ、後半は与えたチャンスの数が減った。よくオーガナイズされておりコンパクトにプレーできた」

      アッレグリ監督はこの試合の結果の重要性を強調する。

      「今日は負けることはできなかった」と指揮官は語った。「同時に集中力を持ったパフォーマンスが必要だった。リーグでの目標達成に1勝分近づいたという意味で、今日の勝ち点3は重要だ」

      「カンセロは左サイドでよくやった。ポリターノに苦戦したが、守備面が改善している」とアッレグリ監督は言う。「ディバラは非常に良いプレーをしたね。交代させたのはドウグラス・コスタに相手陣内にボールを運ばせたかったからだ。マンジュキッチはチームのためにハードワークした。彼がいつもフィジカルを活かして貢献していることは、彼のキャリアを見れば分かるだろう」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK